15707 VIEW

とっても簡単100円で出来ちゃう毛玉の取り方

ニットやカーディガンでおしゃれを楽しみたい季節となりましたね。昨年買ったお気に入りの服を出してみると・・・いつの間にかできた「毛玉」でせっかくの風合いが損なわれている事ってありませんか?秋冬のファッションを邪魔するこの毛玉。実は100円で買えるある物を使うだけで、簡単に取れちゃうんです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年10月18日更新

毛玉はなぜできる?

生地の摩擦によってできる毛玉。つまり、摩擦の起きやすい場所(脇、袖の内側など)は特に注意が必要。

quote
毛玉は、着用の繰り返しの摩擦や、洗濯時の摩擦によって生じる現象
quote
生地の表面が摩擦などの作用を受け、繊維の先端が毛羽となり、それらが束を作り絡み合って「毛玉」を生みだします。
quote
局部的に繰り返し、または連続で摩擦の加わる場合に多く見られます。制服でいえば、座ることによってすれるお尻の部分、歩く時にすれる内股、もたれる部分の背中、ベルトのあたる部分など。

毛玉取りでよくある失敗

quote
一番のどうしようもない失敗は「穴をあけること」
quote
電動毛玉取り機の特性は電気カミソリと一緒で、刃で切り取っていきます
quote
やり過ぎると風合いが無くなったり、うっかりすると機械の穴に生地が入り穴が開いてしまうなどが欠点。
quote
使い捨てT字カミソリも毛玉が良く取れますが、同時に衣類も傷つけてしまうことがあるので、注意が必要

100均でも買える「スポンジ」を使うと上手くいく!

quote
片側に硬いスポンジがついている何処にでもあるスポンジです。
quote
スポンジを1度水につけてしっかりしぼり、ナイロンたわしの方で軽くこすります。
quote
あまり力を入れずに軽くなでるようにして擦るのがポイントです。

なでるだけでこの効果!これで、お気に入りのニットの二軍降格が食い止められそうです。

quote
すると、セーターを傷めず、毛玉が綺麗に取れます
quote
他の布地から出た毛玉もきれいに取れます。
quote
スポンジタワシは、主にポリウレタンで出来ていて表面は小さな穴がたくさん空いています。
quote
毛玉は細かい毛糸の塊で、周りに沢山の毛先が飛び出しているので、その毛先がスポンジの穴に入り込んで毛玉が取れるのです。平面型より山型の方がセーターに当たる面積が大きいので効果的です。

何より大切なのは毛玉を”予防”すること

quote
お手入れのポイントは、生地表面の摩擦を抑えることです
quote
洗うときは、洗濯機ならドライコースや手洗いコースなどのデリケートなコースで。おススメは手洗いをして、自分の手で優しく洗うこと
quote
おしゃれ着用洗剤であらう場合も、裏返してからネットにいれるようにする
quote
一日着た服はブラッシングで繊維をさらさらにしておき、一日休ませてあげるなど、連続して着ないようにします。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事