103640 VIEW

簡単に出来る!100均の手ぬぐいで作る「てぬぐいズボン」の作り方

100均の種類豊富な手ぬぐいと、ゴムだけで簡単にできる「てぬぐいズボン」。あなただけのオリジナルを作ってみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年10月13日更新

手ぬぐいでズボンの作り方 80cm

quote
100円均一の手ぬぐいを使いました。ミシンは使用せず手縫いです。ちょうど半分の長さにカットしておきます。手ぬぐいは周囲が処理されているので、それを出来るだけ有効利用して縫うのを最小限におさえたいと思います。内側が開くように2つに折って、また上のとこを少しだけ切り取ります。右の生地はすでに切り取ってあります。両方とも同じようにします。フリーハンドでやりました。
quote
中表にして、また下部分を縫い合わせます。一方を表に返し、もう一方の中に入れて画像のように合わせます。また上部分をぐるりと縫います。右ズボンと左ズボンを縫い合わせる感じです。縫い代はテキトーですが8~9mmくらいかな。縫い終わり裏にして広げたところ。↓
quote
上の部分を折って縫い、ゴム通しを作ります。ゴムは縫い始めと縫い終わりの間を少しあけて、そこから通しました。
ゴムを通したら表に返して出来上がり☆
ゴム通しは波縫いで、他は返し縫いでやりました。足をよく広げるので少しでも丈夫にと思いました。

かぼちゃズボンの作り方

quote
これが型紙です。これはこのままプリントして使えます。だれでもかける簡単製図です(^_^;)
この型紙には縫い代がついていないので、4mm程度の縫い代をつけてください。左右逆にして2枚裁ちます。次に端の始末をします。小さいのでピケで十分です。
1.裾を出来上がり線に折り、端から1mmほどのところにミシンをかける。
quote
2.4コールの平ゴムを6.8cm+αの長さに切り、のばしながらゴム付け位置に縫いつける。端はあまらせておきます。
3.布2枚を中表にあわせて、前股上と後股上をそれぞれ縫います。前股上の折り返し部分はゴム通し口にするのであけておきます。縫い代はカーブのところに切れ目を入れて割ります。
quote
4.股下を一気に縫います。余らせたゴムの上を縫うようにします。縫ったら端の余分なゴムは切ります。
5.ウエストを3つ折りにして、端から1mmをミシンで押さえます。10cm+αのゴムを通し、10cmのところで縫うか結ぶかします。
これでできあがりです(*´∀`*)

ポケット付きズボン

quote
1.手ぬぐいを広げて置き、両端を中心に合わせて折りたたむ。さらに半分に折る。2.※右側:「わ」は1つ。3.※左側:「わ」は2つ。4.右側(わが1つ)の所に画像のように囲み線を書く。5.囲み線を切り取る。6.画像の様に置き、手前の布のみ画像通りに切る。7.※6を広げた画像。斜めにカットされた側が前身頃。8.中心線を袋とじにするため、外表に合わせ、前後中心線の縫いしろ3mmの所を細かく並縫い。
quote
9.引っくり返し中表に合わせる。前後中心線の縫い代5mmの所を細かく並縫い。10.縫い代はヘラで整える。11.下も8と同様に縫う。12.ひっくり返し9と同様に縫う。13.下も10と同様にヘラで整える。14.ウエストを3つ折りに。ヘラでしごいて折る。15.ゴム通し口2~3cmあけ、ぐるり一周を縫う。ウエスト用ゴムを通す。16.裾をシャーシングする。やわらかめのゴムを32cm×2本にカット。両端1cmに印をつけ、残り30cmを4等分し印をつける。
quote
17.裾の脇(わ)に印、脇~また下線の間の中心にも印を付ける。裾から2cm下にゴムを待ち針で止める。まず①の待ち針を止め、次に間の②、③の待ち針を止める。18.17の要領で裾をぐるり1周縫い、最後は1cm重ねる。もう片側も仕上げて完成。19.縦13.5×横12cmの布を用意し、ポケット口1,5cm、他3辺は1cmで折る。まずポケット口を1.2cm幅のステッチでおさえておく。21.ポケットを縫いつける。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事