100均の手ぬぐいを使った「てぬぐいポーチ」の作り方

手ぬぐいを使えば、布の柄の種類が豊富なので色々なポーチ作りが楽しめます。タオルの大きさと、ハンカチの薄さを併せ持った手ぬぐいの活用範囲を広げてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.10.13 作成:2014.10.13

持ち手付きポーチ

quote
ファスナーつけました。裏地も付けて・・・今回は持ち手つけますので、Dかんつけます。底をぬいあわせて・・・・サイドぬいます。持ち手をつけて完成です♪

マチ付き巾着

quote
短い方の端から縫代1cmで縫い合わせます。袋状になっている方の端をミシンで縫います。布を裏を上にして置き、上の図の位置で、アイロンで折り目を付けます。布の端にほつれ止めのジグザグミシン(またはロックミシンやまつり縫い)をかけます。
quote
中心で中表に布を畳み、両端を上から7cmを残して縫い、ひも通し口とします。最初と最後は返し縫い。縫い残した部分をアイロンで割ります。ひも通し口をコの字に縫います。縫い止まりの上は返し縫い。底のほうだけ縫代を手前に倒してアイロンで押さえます。
quote
底のほうだけ縫代を手前に倒してアイロンで押さえます。底の両脇にマチを作ります。袋口から手を入れて、脇の縫代と中心を重ね合わせ、直角三角形作ります。表に返し、はじめにアイロンで折り目を付けておいた部分を折り返し、丁寧にアイロンで押さえます。袋口を縫います。最初と最後は返し縫い。ひもを通して完成です。

かご巾着袋

quote
底の一辺が12.5cmになるよう四隅をつまんで箱型に縫います。縫しろは7mm残して余分を切り、アイロンで割って端にジグザグミシンをかけておく。5でボンドを使うなら、ジグザグミシンはなくても大丈夫です。
quote
筒状の布を縫いしろが左右反対にくるように中表にあわせ、両側より中心が1.5cmさがるようにカーブつけ、ミシンで縫います。縫いしろは7mm巾に切り落とし、1cmほどの切れ目をいれ、アイロンで倒してから袋を返す。
quote
外袋を裏返し、脇の縫いしろがかごの辺の中心にくるようかぶせる。補強のため、縫ったうえからたこ糸を2重に巻き、結ぶ。底袋をかごに入れ、あまったフチを外袋の縫いしろにかぶせ、木綿糸で粗く縫いとめます。1.5mのひもを半分に切り、それぞれを両方の端からひも通しにジグザグにぐるりと通す。できあがり!

キャラメルポーチ

quote
布とファスナーを縫い付けます。中表にして、間にファスナーを挟み込んで3枚一気に縫います。5ミリくらい内側をちくちく。両側縫い付けます。
quote
広げてー、同じ柄同士を中表にして、5ミリ内側をちくちく。両側を縫ったら表に返します。サイドを縫います。分厚いので返し縫でしっかりと縫い付けます。縫ったところにバイアステープを縫い付けます。これで表に返せば完成です★

お弁当入れ

quote
生地を裁断します。二枚仕立てになります。「中おもて」に合せ、縫い代1cmで縦に長くつなぎ合わせます。「おもて」にして縫い目にアイロンを当てます。 端を外側に1cm折り、アイロンを当てます。フタの形状を決めます。中に織り込んでいる部分下を7~8cm残し、両サイドを縫います。
quote
内側生地を縫わないように(めくって)、表側生地だけを縫います。それぞれに4cmのマチをつけます。それぞれの縫い代は外側に倒します。余分な縫い代(フタ・マチ)をカットします。ひっくり返します。返し口を縫います。マジックテープを適当な箇所につけます。できあがりです。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事