座ってる時間が多い人に試して欲しい!骨盤矯正クッションを使うメリット

毎日忙しいと、エクササイズをする時間や、骨盤矯正の治療を受けに行く時間は、なかなか取れないかも知れません。座って作業をしたままできるってことなら、すぐに試してみることができますね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.10.21 作成:2014.10.21

骨盤の歪みがカラダに与える影響

quote
骨盤のゆがみが太りやすい体の原因にも!
骨盤は体の中心にあり、ボディ全体を支える土台のような役割をして、脊柱(背骨と首)、股関節(下半身)、肩甲骨(肩)と繋がっています。
繋がっているということは、骨盤の状態がそのまま、背骨と首、下半身、肩にも影響を及ぼします。
quote
◇疲れ、下半身のむくみ ・・・ 骨盤を支える体幹部の筋力が弱くなると、全体的に疲れやすくなります。全身を支える筋力が乏しいので、下半身に負担がかかりむくみやすくなります。
◇肩こり、腰痛 ・・・ 骨盤がゆがんでいたり姿勢が悪いと、体が硬かったり、筋力が低下し血流が悪くなることが一因で、肩こりや腰痛が慢性化しやすくなります。
quote
姿勢の悪化、老け姿勢、ボディラインのたるみ ・・・ 骨盤を支える筋力が弱くなると、姿勢が悪くなります。猫背やO脚ばかりでなく、背中が丸くなり実年齢より老けた印象を与えがちに。また、痩せていてもボディ全体がたるみ、メリハリのないスタイルになってしまいます。

腰痛が改善する!?

quote
長時間のデスクワークによって歪んだ骨盤を矯正するために骨盤矯正クッションを活用します。骨盤矯正クッションを使うことによって正しい姿勢で座ることが出来るようになります。
quote
●低反発と高反発と硬質ウレタンの立体3層構造の働きで骨盤周りをキュッと引き締め骨盤補正
●上段の高反発ウレタンが骨盤を左右後方から包み込んで引き締めしっかり支えます。
●低反発と硬質ウレタンの組み合わせが沈み込みを押さえ、座骨やよ腰の負担を軽減し長時間座っても疲れにくくします。

肩こりが改善する!?

quote
肩こりもデスクワークの際に無理な姿勢、パソコン操作する際の長時間同じ姿勢をすることが原因になります。デスクワークの際に正しい姿勢をキープすることが出来れば肩こりは今までよりグッと改善されるかもしれません。

骨盤のゆがみをチェック

quote
鏡に足裏を向けて仰向けになり、鏡の中心線に身体の中心を合わせて自然に力を抜いた状態で足の爪先を見ます。
爪先とかかとがきれいなVの字になっていなければ骨盤が曲がっている可能性があります。左右両足の傾きがほぼ同じになるのが理想的です。
右足が傾いているなら右の股関節が、左足なら左の股関節がずれています。
quote
仰向けに寝て両足を腰幅に開く。左右の骨盤の1番高いところに親指を、床に中指をつけてその高さを比べる。正常な場合は左右の高さが同じになります。どちらかが高い場合は、高いほうの逆側に骨盤がねじれている可能性が高くなります。
quote
背筋を伸ばして正座する。肋骨の下に親指、骨盤の上に中指または人差し指をあてて、その長さ(高さ)を比べる。正常な場合は長さ(高さ)が同じになります。どちらかが長い場合は骨盤が傾いている可能性が高くなります。

下半身のシェイプアップができる!?

quote
座るだけで骨盤を締め付けてくれるクッションです。下半身のシェイプアップやスタイル維持に活用してみてください。骨盤のゆがみは自覚症状を感じるのが難しいですよね。クッションを活用してエクササイズを行い骨盤を正しい位置に戻しましょう。
quote
自重でしなる!強圧フタコブ突起!
下半身太りの元をしなって締める。
quote
下半身太りは骨盤の広がりが原因。
骨盤を引き締めるということは、たるんだ下半身を引き締めるということ。座骨を狭めてゆがんだ骨格を補正していくことで下半身太りやO脚歩行の予防になります。骨盤を締めて、健康で美しい下半身を手に入れてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事