体長2.4メートルの魚、「ゴリアテ・グルーバー」が凶暴すぎる

よく見るとカワイイ顔の魚なのですが、その大きさ故に、”ゴリアテ”って、名前に付いてます。今回は、サメを丸呑みした衝撃映像が話題になってます。日本では、沖縄の美ら海水族館に居るみたいですよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.10.4 作成:2014.10.4

タマカイの異種ゴリアテ・グルーバー

quote
タマカイの異種、イタヤラ(Epinephelus itajara)は、ゴリアテ・グルーパー(ゴライアス・グルーパー:Goliath grouper)とも呼ばれ、タマカイと同じほど大きくなるハタ科の魚。
quote
ゴリアテ・グルーパー(タマカイ)に至っては100年以上前に680キロの個体が捕獲された記録がある。ゴリアテ・グルーパーはその大きさゆえに“殺人巨大魚と呼ばれており、1950年代にはフロリダで橋から海に飛び込んで遊んでいた少年が食べ殺されたという報道もあった。
quote
しかし、“ゴリアテ”(旧約聖書に登場する巨人)の名が示すとおり、少なくとも1つの点では突出している。それは大きくなること、それも驚くほど大きくなることだ。
quote
同じハタ科の中でも美味いことで有名なクエそっくりだもんな。これは味に期待が持てる。

こちらが、「タマカイ」

Giant fish.Giant grouper.巨大魚タマカイ。 - YouTube
quote
体色は灰褐色から暗色で、黄色と黒色斑がある。これは幼魚で明瞭であるが、成長すると不明瞭になる。体長2mを超え、日本産のハタ科魚類では最大になるものといえる。英名では「ジャイアントグルーパー」と呼ばれている。
quote
タマカイは肉食性で、普段は小型の魚やエビ・カニなどを主食としていますが、南太平洋の島々では人も丸呑みにすると言われています。実際に誰かが丸呑みにされたという記録は無いそうですが、餌を食べる時には一気に吸い込んで飲み込んでしまいます。

サメを丸飲みする!

Grouper eats 4ft shark in one bite - YouTube
quote
動画のサメは運悪く人間の釣り針にかかり、逃げようともがいているが、次の瞬間、その姿が消える。寄ってきたイタヤラが、一瞬の動きでサメを横から奪い去ったのだ。
quote
いかに小型タイプとはいえ、海の王者選手権にエントリーされるサメを一発で捕食するとは、この巨大魚ただ者ではありません。

出不精なタイプで、絶滅危惧種だった!

quote
イタヤラの習性も数が減った一因だ。「この魚はほとんど動きません」とコーニッグは話す。餌が豊富で、身を隠せる「サンゴ礁にしがみついている」ため、簡単に捕まってしまうのだ。
quote
漁や釣りの対象となったが、繁殖時に群れる習性をもっているため、捕獲しやすく、20世紀末に絶滅寸前まで減ったと考えられている。 また、幼魚が生息するマングローブ帯が、環境破壊や開発によって減少したのも激減に拍車をかけている。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事