海外でも人気がある日本酒15選

海外でも日本の「SAKE」人気が出てきているようです。日本食ブームがきっかけとなった背景で、日本酒そのものにスポットが当てられて、パーティーにも登場してる模様。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年2月19日更新

日本酒の輸出量が右肩上がりらしい!

quote
最近10年ほどの間に、日本酒は輸出量を伸ばしてきました。金額ベースで2倍以上の伸びを示すデータもあるほどです。その背景には、海外での日本食の人気により、日本食レストランで日本酒を提供したことがきっかけとなったといわれています。
quote
日本酒がアメリカで急速に浸透してきた背景にあるのは「和食人気」。和食の持つ健康的なイメージの後押しも受け、今や和食はアメリカ食文化の一部となり、その価値は高く評価されている。レストランに限らず、小売店での日本酒人気も見逃せないところ。

海外人気の高い日本酒

▼MAN'S MOUNTAIN 『男山』

quote
北の灘と称される旭川に、寛文年間(1661~1672)摂津伊丹で醸造を始めた男山の正統を受け継ぎ、この地で営々と酒づくりに勤しんでいます。伝統的な手造りの醸造法である、生もと造りの深みのある芳醇な辛口です。米の旨みを感じさせる香り。燗をするとさらに味がふくらみます。

▼LONG LIFE 『天寿』

quote
東京農大短期大学部醸造学科で、撫子の花から採取された酵母を使用し、天寿自慢の酒造好適米で醸しあげました。清んで華やかな香りと、純米吟醸ならではの、心やすらぐ味わいです。ちびりちびりと呑みながら月をめでるのはいかがでしょうか。

▼WHITE WATERFALLS 『上善如水』

quote
白瀧酒造の最高級酒。日本酒という飲みものへの概念そのものが変わる至福の味わい。大切なあの人への贈りものに。 日本酒造りに白こうじを応用。お米だけで造った純米酒なのに、まるで果実酒のような爽やかで甘みのある味わいが特徴です。

▼FIVE BRIDGES 『五橋』

quote
地酒であるためには水さえにもこだわりを持たなければならないと私たちは考えます。 五橋の仕込み水は山口県最大の清流「錦川」の伏流軟水。。米と水に新しく酒としての命を吹き込むのは蔵人の仕事です。地の米、地の水を操ることができるのはやはり地の人だけなのです。

▼CELEBRATED BALL 『久寿玉』

quote
久寿玉純米大吟醸 杜氏が細心の注意を払い丹精込めて造った蔵元最高の逸品です。 純米ながらも重くなく軽快な口当たり、華やかな香りが楽しめるお酒です。名前の由来は「薬玉=おめでたいもの、邪気を避けるもの」という言葉です。

▼KING OF FLOWER 『司牡丹』

quote
南国土佐、高知市を離れて西へ26km。山紫水明の佐川町は「司牡丹」醸造の地として名があります。果実のような華やかな香りが楽しめ、含んだとき旨味ひろがる純米大吟醸。

▼MISTY BAY 『浦霞』

quote
ほどよい香りとやわらかな味わいのバランスのとれた純米吟醸酒。食中酒に最適な、浦霞を代表する逸品。ほのかな香りとさっぱりとした後味。軽い旨味のある辛口でお燗にも最適。

▼ETERNAL TREE ON THE MOON 『月の桂』

quote
十分に発酵したもろみを桶の中ほどから汲みだしてオリを分離させ荒漉ししたお酒です。口の中ではじける酸味とほのかな甘味が絶妙のバランスをかもし出しピチピチとはじける炭酸ガスがその個性を引き立てます。
元祖にごり酒と言っても過言ではない本物の味わいです。

▼CHAMP OF WEST 『西の関』

quote
米本来のまろやかな旨さが活きる特別純米酒。包み込まれるような柔らかな酸と、とろけるような上品な旨みのバランスが絶妙で、余韻も楽しめます。雄大さと繊細さを併せ持つこのお酒は、お燗で本領を発揮。

▼THE REVOLUTION 『新政』

quote
6号酵母の純米大吟醸というのは、市場にほぼなく、味わいもクラシックとモダンな点が同居した、新政の基本路線をいかんなく発揮した出来です。 お米本来の甘酸を感じつつ、透明感のある綺麗な飲み口。

▼GREATFUL CRANE 『米鶴』

quote
清麗な水と空気に恵まれて、高畠町は、酒造りに最適な町とも言われています。米鶴は酒質第一主義を掲げ、原料の選定から製造方法まで、丹念に、そして丁寧に行われています。こうして造られる酒は、軽快で爽やかな風味と上品さを醸し出します。米鶴の酒の大きな特徴です。

▼FOUNTAIN OF TOKYO 『大辛口』

quote
東京の奥座敷、奥多摩で名水とともに300年の長きにわたり酒造りを続けてきた小澤酒造。赤穂浪士の討ち入りと同じ元禄15年から酒造業を営んでいたことが文献に残っています。銘柄名「澤乃井」は全国でも人気が高く、地酒好きをうならせる名酒として評判です。精米歩合65%で米の旨味成分が多いため、コクのある味わいが特徴です。

▼HEART OF GOD 『嘉美心』

quote
岡山県南西部の瀬戸内海に面した小さな寄島漁港。嘉美心酒造では、瀬戸内の魚に合う色々なお酒を醸しています。ほとんどのお酒が、昔から甘口であり今でも口当たりのよい 旨口として醸しつづけられています。家族の口に入れさせたくないものは、作りません。

やっぱり一番人気なのは…

quote
この獺祭は全国約300店の蔵元様に その販売姿勢を認められた地酒の専門店のみで取り扱いをされています。蔵内平均精 白41%(平成21年度)という驚異の精白率で、出荷量のすべてが純米大吟醸というこだわりぶり。

有名なパーティーでも日本酒を提供

quote
世界最高峰のダンスミュージックパーティー”ENTER. by Richie Hawtin”において、海外でも人気の日本酒ブランド"獺祭、そして希少価値が高く、国内でも大人気の京都伏見の日本酒、蒼空が、”ENTER.Sake”として2014年7月3日にデビューしました。
quote
僅かにお米のオリが絡んだ、にごり酒のような白いお酒。ほんのり甘く 綺麗な飲み口のお酒。新しく造ったお酒は全て手作りの純米酒。そのお酒には「蒼空」と名付けました。まさに青空を思わせるような爽やかで優しい味わい。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事