WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均の「発泡スチロールブロック」で!お洒落な棚や収納を簡単DIY

100均で簡単に手に入る「発泡スチロールブロック」を使うと、見た目もオシャレでディスプレイにもなる収納や棚を手作りすることができちゃいます。
DIY方法や活用アイデアをご紹介!
#100均DIY #収納 #棚

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.2.9 / 作成:2017.2.9

発泡スチロールブロックとは

発泡スチロールブロックとは、その名の通り、材質は発泡スチロール製。
コンクリートブロックの形を模して作られており、本物と違いその重量は軽量です。
そして、その軽さにも関わらず、作りは意外と丈夫にできており、耐荷重も1個あたり数10kgほどとされています。(製品による違いはあり、約70kgまで耐えるものもあります。)
ダイソー、セリアなどの100均の他、ホームセンターで簡単に手に入れることが可能です。

ダイソーのビッグブロック

こちらが、100均ダイソーで販売されている発泡スチロール製「ビッグブロック」です。
サイズは、約180cm×約370cm×約95cm。
耐荷重は100kgと記載されています。

200円商品となっていますが、小さめサイズの展開もあり、そちらは100円商品だとする情報も。

セリアでも取り扱いがありますが、そちらはもちろん100円商品となっています。

カラー展開も豊富

出典 twitter.com

男前インテリアにもハマりやすいブラックの他、本物のコンクリートブロックに近いグレー、シンプルなホワイトを始めとして、ピンクや水色、黄色のようなポップで明るいカラーまで。
カラーも多色取り揃えられており、インテリアや作りたいものに合わせて、選べるのが嬉しい♪

とにかく軽いのが嬉しい

出典 twitter.com

発泡スチロールブロックの最大の利点は何と言ってもその軽さ。
一度にこれだけ購入したとしても、楽々お持ち帰り可能ですよね。
これがもし本物のコンクリートブロックだとしたら、とんでもない重量になります。
組み立て中や使用中に誤って落下させて、怪我をしたり、大事な床や家具を傷つけたりする危険性も少なく、安全に、簡単に、お洒落なDIY素材が手に入っちゃいます。

筆者は、以前、本物のレンガを使って、こちらで紹介するようなラックを作成したことがあるのですが、本物のレンガの重量はかなりのもので、たった1個運ぶだけでも大仕事でした。
床板を傷つけそうなので、養生にも気を配らなくてはならず、処分するのも困り物。

レンガやブロックを使ったラックは、見た目自体はかなりかっこいいので、周りにオススメしたいのに、その扱いのしづらさから、なかなかオススメできない、という難点を抱えていました。

こちらの発泡スチロールブロックの存在に、あの時気づいていれば・・・!

発泡スチロールブロックで基本の棚をDIY!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする