WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

香水の寿命は○年!香水をもっと楽しんで使い切るアイデア特集

みなさん、香水の寿命をご存知ですか?
香水の寿命は、短く、僅か○年。
そこで、今回は、香水を長持ちさせる方法と、身に纏う以外に香水を楽しむ方法をご紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。 #ガールズ #コスメ

tomo
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2015.10.19 / 作成:2015.10.19

香水の疑問

香水の命はけっこう短い

出典 www.elle.co.jp

香水は、香りすぎを避けるため、少量ずつ使用するのが普通ですよね。
また、TPOに配慮する必要もありますし、毎日同じ香りという訳にもいきません。

そんな理由で、シーズン中に使い切れなかった香水をお持ちではないですか?

その場合、「香水はまた来年も使えるのか、そもそも香水の寿命っていつまで?」という疑問が浮かんできます。

みなさんは、こちらの答えをご存知でしょうか?

香水の寿命

香水の寿命は、保管方法にもよりますが、なんと通常は、開封後たったの1年とされています。

これは、ちょっと嫌な驚きですよね。
香水は、酸素に触れることで、徐々に劣化・変質していきます。

そのため、開封した後は、本来の香りが劣化や変質しきる前に使い切ることが大切です。
そして、通常の場合、香りがひどく劣化・変質しない安全な期間が、おおよそ1年間とされているのです。

香水の保管方法

香水の寿命は、おおよそ開封後から1年ですが、保管方法に問題があると、もっと早くに香りが劣化してしまいます。

香りを劣化・変質させてしまう主な原因は、酸素の他に、日光や高温、カビなどの細菌が挙げられます。

ですので、香水を保管するときは、まず、直射日光の当たる場所、及び高温になり易い場所は避けましょう。
また、これと同時に埃っぽくカビが繁殖しやすい場所も候補から外しておくことが大切です。

香水を長持ちさせる方法

香水の寿命を延ばしたい!

香水の寿命がたったの1年なんて、あんまりですよね。
夏の香りを秋や冬に付けるのも嫌ですが、寿命を無視して、自分から異臭が漂うなんて考えたくもありません。

これは、もう諦めるしかないのでしょうか?

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • tomo

    フォローする