WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

子供の奇声とキーキー声の向き合い方を真剣に考えよう!!

#ガールズ

crafts
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2014年9月8日更新

生後2ヶ月頃からの奇声と2歳前後まで続く子供の奇声とキーキー声。とくに生後2ヶ月ではコミュニケーションもとれないので尚更大変になりますよね。そんな奇声に対しての原因と対処法をまとめてみました。

生後数ヶ月の赤ちゃんの奇声の原因は?

quote
喋れない赤ちゃんは大声を出して今の感情をアピール!機嫌が良いなら問題ありません。

自分の意思を言葉で伝える手段がない赤ちゃんのうちは、感情表現として奇声をあげたりすることは決して珍しいことではない、と看護師さんは言っています。
quote
乳児は自分の意思を言葉で伝える事が出来ないので、感情を伝える手段として奇声をあげたり手足をバタつかせたりしますが、機嫌が良いようなら問題ありません。お腹が痛かったり、頭が痛かったりと不調を訴える時は、赤い顔をして叫び続けますし、お母さんの姿を見てもニコニコすることはありません。(一般内科看護師)
quote
ケイレンと区別する事が難しい場合もありますが、白目をむいて手足をこわばらせていなければ大丈夫です。(一般内科看護師)

2歳前後の子供のキーキー声の原因は?

quote
具体的にママに何かをして欲しいっていうよりもただママにかまってもらえたことに喜びを感じてしまった瞬間、物事の筋道は完全に脱線! 修復不可能です。
ママを振り向かせるのにこんなに都合のいい方法はない!
気づいちゃった子どもは奇声の抜群の効果にハマっていくのです。

奇声に悩んでいるママはたくさんいる

quote
6ヶ月になりたての女の子です。3ヶ月のころから奇声を出すようになりました。
最近は酷くなりずっとキャーキャー言ってます。
買い物に行ったら、周りの人がかなりビックリするくらい大きい声で言うから恥ずかしいです。
イライラしてしまって、やめて!って言ってしまう。意味ないのに…
quote
離乳食食べながらも奇声をあげます。嬉しくて声を出すというよりは怒ってるような、呼んでいるような感じです。私は産後、腱鞘炎になり、激痛が走るので更にイライラがつのって子供にあたってしまいそうで自分が怖いです。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • crafts

    DIYやハンドメイドが大好きです!いろいろとご紹介できたら嬉しいです。

    フォローする