WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

リメイクシートで出来る!古いこたつを今風に大変身【前編】

材料費1000円以内で出来る、こたつ台のリメイクをご紹介します!
前編:こたつ台本体のリメイク、後編:天板部分のリメイク中心に
なっております。こちらはビフォー写真です。 #リメイクシート #リメイク

yuka
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年9月30日更新

<材料>
ダイソー リメイクシート(茶、木目調)2
セリア リメイクシート(白、木目調)2
ホームセンター(ナフコ)ラッカースプレー400ml(300円前後)1

<道具>
100均サンドペーパー(紙やすり)
カッター
スポンジ
マスキングテープ
新聞紙

1・こたつ台をサンドペーパーでやすり掛けします

20年程使っているこたつです。天板はリバーシブルタイプです。
よくある安いプラスチック製のこたつですが、冬はもちろん夏もテーブルとして
使用している為、だいぶくたびれてきたのでリメイクしていこうと思います。
このこたつ2~3年前から麻紐を両面テープで付けてみたりしていたので、汚れが目立つ事と
プラスチックにそのままラッカーを塗ると、ラッカーをはじいてしまい色がのらないという事で
100番のサンドペーパーでやすりがけしていきます。
 
うちのこたつの場合、上の写真のように年季の入った汚れが目立つので、やすりがけする事に
しましたが、比較的きれいなこたつ台をリメイクされる場合は、「ミッチャクロン」などの
プラスチック用プライマーという下地材がスプレータイプでありますので、そちらを使って
頂いた方が簡単で早いと思います!(ホームセンターで1500円位でした。商品やお店に
よって値段変動あるかと思いますが、大体2000円以内で購入できるかと思います)
上の写真のように、表面に傷をつけていく感じでサンドペーパー(紙やすり)で
やすりがけしてください。天板のフチ部分など細かいところも、ラッカーで色付け
したい部分はすべて作業してくださいね。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • yuka

    はじめまして! ご訪問ありがとうございます。 出来るだけ少ない材料で、 プチプラで出来るリメイク...

    フォローする