更新:2018.2.20 作成:2018.2.19

着回し巻物NO.1は?【スカーフvsバンダナ】コーデ対決♡

そろそろ春に向けて首回りのアイテムもシフトチェンジしてみましょう♡
今回は、マフラーやストールに変わる巻物アイテムに「スカーフ」と「バンダナ」を大特集♪
春先取りの巻物コーデをまとめたのでいち早く取り入れてみてくださいね◎
❤︎ お気に入り
目次
  1. アクセサリー感覚で楽しめる♡
  2. スカーフの魅力とは・・・
  3. バンダナの魅力とは・・・
  4. 「スカーフ」vs「バンダナ」おすすめコーデ対決◎
  5. まとめ

アクセサリー感覚で楽しめる♡

首元の巻物は、防寒や日焼け防止にも役立つ、実用性のあるオシャレテクニックでもありますが、何よりも、アクセサリーの代わりに取り入れられるのが1番の魅力でもあります*

首回りのオシャレと言えば、ネックレスですが、ぱっと見の印象はそんなに強くはないですよね。

 

もちろん、キラキラ感や高級感は出せますが、トータルコーデで目を惹くカラーや柄が欲しい時にはスカーフやバンダナの方が役に立ちます♡

なので、最近ではネックレス代わりのアクセサリーとしてもスカーフやバンダナが大注目されているのです♪

スカーフの魅力とは・・・

スカーフは、綿・麻・絹・ポリエステル・ウールでできた正方形の薄手の布のことを指しますが、光沢のある柄物の布というイメージが強いですよね。

高級ブランドのスカーフから、手頃な価格のものまで、さまざま販売されていますが、好きな色や普段のスタイルに合わせやすい柄などを選ぶのが、おすすめです♡

バンダナに比べて、

 

光沢感がキレイ目にみえる

柄のバリエーションが多い

大判で巻き方のアレンジがしやすい

 

という魅力があります◎

バンダナの魅力とは・・・

バンダナ (Bandana, Bandanna) は、絞り染めや更紗模様で染めた木綿のカーチフ (Kerchief)のことを指します。

ヒンディー語の絞り染めを意味する「バンドゥヌ」( Bandhnu) が語源のようです◎

今は100円ショップでも手に入るお手軽アイテムで、柄はプリントされているタイプも多く出回っています。

 

ですが、もともとは絞り染めなどの染物技術で作られていたので、スカーフと違い綿素材の物が主流で光沢などはなくカジュアルに合わせるイメージですよね◎

さらに、ファッションアイテム以外にも、インテリアグッズとしてもリメイクに使えます♪

正方形の形と綿素材なので洗えるという特性を生かして、つなぎ合わせるだけで、オシャレなソファーカバーやマルチカバーにすることもできちゃいます♡

最近はペットの首輪にリメイクするのも人気ですね♡

スカーフに比べて、

 

低価格で手に入る

汚れても気軽に洗える

ファッションアイテムとして以外にも使える

 

という魅力があります◎

「スカーフ」vs「バンダナ」おすすめコーデ対決◎

そもそも着回すテイストが別々なので、両方持っているのが一番いいのですが、自分の普段のスタイルに、より、合わせやすいのはどちらなのか、まとめたコーデを参考に選んでみてくださいね♪

スカーフのおすすめコーデはコレ♡

あえてカジュアルなサロペットに女性らしさ満載のスカーフを合わせるのも、今年らしくて素敵ですね*

ボーイッシュさを和らげるなら、シフォン素材や光沢感のある素材がオススメですよ♪
トレンドのワイドパンツにはベルト代わりに、スカーフをウエストに巻くのも可愛いです◎

一般的なレザーのベルトだと物足りない・・・

そんな時にお役立ちなのが、スカーフでウエストマークするだけの、なんちゃってベルトです♪

結び目を前や横に持ってくるとインパクトがあってなお可愛いくなりますね♡
春服にはまだ早いけれど、冬服にも飽きてしまった人には、目をひくカラーや柄のスカーフを首に巻くだけで気分だけは、春先どりです♪

今の時期に着ているトップスは、比較的、落ち着いた色が多いと思うので、差し色になるスカーフは気分転換にもってこいですよ◎
逆に、明るい色のトップスに合わせたい時には、シンプルカラー、シンプル柄をチョイスしましょう◎

キレイ色のトップスでも、デザインがシンプルだと着まわしはしやすくても飽きてしまいますよね。

そんな時に、スカーフ一つで雰囲気が変わるので、マンネリトップスも新鮮なイメージに早変わりです♡
スカーフの柄に使われているカラーでトータルコーディネートするだけで、こなれた感じが出せます♪

色の組み合わせにいつも悩んでしまう人は、まず、主役のスカーフを決めて、そこに使われている色を組み合わせたカラーコーデをしてみてください◎

これだけでグッとオシャレさんに見えますよ♡
タートルネックの首元にちょこんとスカーフを巻くのもシンプルですが真似したいテクニックですね♪

アースカラーのスタイリングの時には、スカーフもなじみやすいナチュラルな色や落ち着いた柄にしてあげるとしっくりきますよ♡
首元やウエストに巻く以外にも、ヘアアクセサリーとして活用する人も多いです♪

長さもしっかりあって、素材の種類も多いので、好みのスタイルに合わせてヘッドドレスとしても使えます◎

花柄の柔らかい素材のスカーフなら、ガーリーなワントーンコーデをさらに華やかにしてくれますよ♡
モノトーンコーデのヘアアクセとしてもスカーフが便利です◎

黒の透ける素材のスカーフを、頭の正面でふわっと結ぶだけで、たちまちドレッシーに♪

近頃、話題になっているレトロ感のあるスタイリングにもピッタリですよ♡

バンダナのおすすめコーデはコレ◎

スカーフに比べて長さの短いバンダナは、首元に巻いた時にコンパクトに馴染んでくれます

シンプルな白シャツには、ネイビーカラーの定番柄がしっくりきます♡

襟元は空いているものか、開けたほうが華奢さが強調されてキレイに見せてくれますよ♪
オシャレ上級者さんの得意なトーンオントーンコーデにもバンダナが大活躍です♡

バンダナはボーイッシュやカジュアルな印象が強いアイテムですが、白のバンダナなら、こんなレディライクなスタイリングともマッチするんです♪

 
バンダナの、「長さが短い」「サイズが小さい」のはメリットでもあるんです♪

首に一巻きしたら、お気に入りのブローチやヘアゴムで端を止めるだけでオリジナルのアクセサリーになります*

組み合わせを変えれば、何通りも楽しめるのも魅力ですね♡
長さは短いですが、こんな風に首元の前でしまってしまえば、スカーフと同じように見せることもできます◎

デニム×ボーダーのマリンコーデに、差し色になっているイエローのバンダナが爽やかで素敵です♡
シャツの襟の下に通して、結ぶと蝶ネクタイのように見せることもできちゃいます♪

コンパクトサイズのバンダナだからできる技ですね♡

結ぶだけの簡単アレンジなのですぐにでもできちゃいますよ◎
バンダナもスカーフ同様、ヘアアクセとしても使えます♪

サイズが小さいのでボリュームには欠けますが、細めに畳んで、ヘアバンドのように巻くのもオシャレです♡

ナチュラルなベージュのバンダナなら、スタイルを選ばずつけられるのでオススメですよ*
バンダナにもレトロで珍しい柄ものが♡

首元に巻く時と同じく、頭に巻く時も結び目を上にすれば、リボンのようになってとっても可愛らしいんです♪

スカーフにはないキュートさがバンダナにはありますよね*

まとめ

いかがでしたか?

スカーフにはスカーフの・・・
バンダナにはバンダナの・・・

どちらか1つなんて選べないくらいの魅力が満載でしたね◎

スカーフもバンダナも今注目のアイテムなので、アパレルショップや雑貨屋さんでも手に入りやすいです*

簡単に、マンネリコーデ解消・春先取り気分が味わえるので、ぜひ、スカーフやバンダナを普段のスタイリングに取り入れてみてくださいね♡

 
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • maink0

    夫と2匹の猫と暮らしています*

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!