更新:2018.2.3 作成:2018.2.2

今買うなら【デニムジャケット】がマスト♡お手本コーデまとめ◎

どこでも手に入るイメージのデニムジャケットですが、自分の体型や、イメージにあったデニムジャケットを見つけるのは、なかなかの至難の技なのです*どんな風にスタイリングしたいのか、イメージしやすいコーデをまとめたので参考にしてみてください♡
❤︎ お気に入り
目次
  1. サイズ感や色で雰囲気が変わる
  2. デザインもたくさん♡
  3. こんなタイプも!?個性派デニムジャケット*
  4. 最旬♡デニムジャケットコーデ例
  5. まとめ

サイズ感や色で雰囲気が変わる

デニムジャケットと聞いて、思い浮かぶのはどんな色でどんな形でしょう?

 

それぞれのブランドのテイストやコンセプトによって色も形も数えきれないほど作られています◎

ゆるっとしたシルエットで色落ち加工のタイプなら古着系やボーイッシュなスタイルがお似合いだったり・・・

コンパクトサイズのキレイなブルーカラーならレディなスカートやワイドパンツと合わせてもサマになります♡

自分の体にピッタリ合った、シルエット重視のデニムのジャケットなら、ナチュラル系ファッションが好きな人の着回しにも大活躍間違いなしです◎

一言でデニムジャケットと言っても、とっても奥が深くて、何種類も欲しくなってしまうのが最大の魅力なのです♪

デザインもたくさん♡

定番の襟付き、ウエスト丈のタイプはもちろん今でも大人気ですが、他にもデザイン性の高いデニムジャケットがたくさん出ています◎

異素材MIX

襟だけがコーデュロイ素材のものや、ボアやファーになっているタイプは、比較的よく見かけますが・・・

肩の部分が異素材の切り返しになっているタイプは珍しいです◎

シンプルカラーのコーデでもポップな印象に変えてくれます♡
 

ノーカラー

あんまり、ボーイッシュスタイルやカジュアルになりすぎたくない人には、ノーカラーのデニムジャケットがオススメです♡

ボレロ感覚で着られるので、レディなコーデにまとめたい時にお役立ちですよ◎

首回りを華奢に見せてくれるのもノーカラーのいいところです♪

バックデザイン

正面から見ると、普通のデニムジャケットですが、背中の部分にレースアップのデザインが入った可愛らしいタイプです◎

今年人気の、抜き襟で着られるのもポイントが高いです♡

羽織るだけで、サラッとトレンド感が出せますよ♪

オーバーサイズ

こちらも今年のトレンドを押さえた、オーバーサイズのデニムジャケットです*

加工感のあるオーバーサイズだとカジュアル感が強く出ますが、濃色のオーバーサイズなら真っ白なシャツワンピとも相性抜群です♡

ネイビー×ホワイトの爽やかなナチュラルスタイルは春先まで大活躍すること間違いなしです◎

こんなタイプも!?個性派デニムジャケット*

パニエをイメージして作られた、リメイク風のホワイトデニムジャケットは、もはや、カジュアルさよりも、ドレッシーさの方が優っていますね♡

主役級にカワイイ変わりダネデニムジャケットも、1着は持っていたくなります♪

抜き襟で羽織るのが去年から続いている、暗黙のオシャレルールになっています◎

もともと、抜き襟出来るようのデザインもたくさん出ているので、

 

「着方がわからない!」

 

なんて事にもならないのでご安心を♡

最旬♡デニムジャケットコーデ例

ホワイト×ブラックのモノトーンコーデの差し色に明るめカラーのデニムジャケットをイン◎

ニットカーデのインナーにデニムジャケットを着込めば、防寒にもなり、白でまとめたスタイリングを締めてくれます♪

 
キレイめなロング丈のコートのインナーにはコンパクトサイズで濃色のデニムジャケットがオススメ◎

デニムジャケットは前を閉じて、シャツ風に着るのがオシャレです♡

コンパクトなサイズだからこそできる技ですね♪
寒い時期の淡色カラーのデニムジャケットもとっても素敵です♡

春先どりなカラーやアイテムですが、あったかくて、冬の定番、チェック柄の大判ストールをプラスすればちょっとした冬のお出かけでもOKなスタイリングです♪
オーバーサイズで着られるデニムジャケットは、ウエスト丈を選んですっきりまとめるのがポイント♡

トップスがゆるっとしていてもコンパクト丈なので、トレンドのワイドパンツに合わせても野暮ったくならずにまとまりますよ◎
インパクトのある柄物アイテムに、何を合わせていいのか迷った時も、デニムジャケットなら文句なしではまります♡

合わせられないコーデはないんじゃないかというくらい、万能なアイテムなんですよ♪
ブラックのシンプルなワンピースとは、一見、無縁のような気がするデニムジャケットですが、合わせてみたらこの通り♪

適度にカジュアルダウンしてくれるので、オトナ女子のシンプルスタイルの着まわしにも役に立ちますよ♡
デニムのブルーは、華やかな綺麗カラーとも相性バッチリですね♪

派手なカラーのアイテムは、着るのに勇気がいりますが、そんな時にはデニムジャケットと組み合わせてあげれば抵抗なく挑戦できるはずです♡
定番の形のデニムジャケットに飽きてしまったら、ノーカラーのデニムジャケットにシフトしてみましょう◎

女性らしさ+こなれ感が出て、オシャレ上級者に見せてくれます*

ナチュラルコーデ好きさん
には、ノーカラーデニムジャケットを選ぶならコンパクトタイプより、ゆるっとしたシルエットがオススメです♡

 
デニム×デニムのコーデも見逃せません!

微妙に色の違うデニムジャケットとデニムスカートでシンプルながらもエッヂの効いたスタイリングです◎

 
こちらも同じくデニム×デニムのスタイルですが、先ほどとは違ってオトナのシックなコーデになっています◎

カジュアルなデニム以外はチェーンバッグ・ヒールと、レディライクなアイテムを合わせていて、女性らしさとマニッシュなカッコ良さが融合しています*
コートを変えただけでも、同じデニム×デニムのコーデも印象がガラッと変わります*

ニットやファーなどのフェミニンなアウターに変えてあげるとコーデ自体も柔らかい雰囲気になるので、その日の気分で楽しめますよ♡
古着屋さんでも手に入るタイプの、定番型で、色落ち加工してあるデニムジャケットは、ちょっと個性的なスタイリングが可愛い♡

ジャストサイズのデニムジャケットは、コートのインナーにも着られるので寒い日の防寒具としても活躍しますよ♪

ホワイトデニムも人気♡

ブルーデニムをたくさん紹介してきましたが、ホワイトデニムも注目されているんです*

ボトムスがブルーデニムだと、トップスにブルーデニムのジャケットを合わせるのに抵抗がある人もいますよね・・・

ホワイトデニムのジャケットなら、いかにもなデニム感を出さずに、デニム×デニムコーデを楽しめますよ♡

 
ホワイトデニムだからできる、デニムジャケットのモノトーンコーデ*

ホワイトデニムジャケットも、抜き襟でこなれ感を出すのがポイントです◎

ブルーにはないモード感が出せるので、次に狙うならホワイトカラーのデニムジャケットで決まりです♡

まとめ

デニムジャケットをすでに持っている人も、これから購入予定の人も真似したくなるコーデは見つかりましたか?

1着、持っていても、たくさんの種類が出ているので、別のカラーや別のデザインのデニムジャケットが欲しくなってしまいますよね♡

持っていないタイプのデニムジャケットにチャレンジして、ぜひ、この時期のデニムジャケットコーデの幅を広げてみてくださいね♡
 
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • maink0

    夫と2匹の猫と暮らしています*

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!