温かみのある、木製ペンダントライトでリラックス空間を。

あなたのお部屋には、どんな照明がありますか?
もし、お部屋の照明がペンダントライトなら。簡単にお部屋の雰囲気を変えることが可能です。
たくさんある照明の中、癒し効果がある木製ペンダントライトを集めてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.2 作成:2017.11.2

目次
  1. ペンダントライトって?
  2. 木製ペンダントライトの魅力
  3. 木製ペンダントライト5選

ペンダントライトって?

照明にはたくさんの種類があります。埋め込み型のダウンライト、壁に取り付けるブラケット、間接照明やフットライト。
では、シーリングライトとペンダントライトの違いをご存知でしょうか?
シーリングライトは天井に固定して設置されますが、天井からコードやチェーンで吊り下げるのがペンダントライトです
ペンダントライトは照らす範囲も狭く、スッキリとしたシーリングに比べて様々な材質・形があります。そのため選ぶデザインによって空間をガラッと変えることができるのです
 

木製ペンダントライトの魅力

木は一つ一つ違い、あるだけで温かみがある素材です。
無機質な照明という機器を包み込んだ木製ペンダントライトは、部屋の中を柔らかに照らしてくれます。
北欧の名作から、日本の細やかな芸術作品、プチプラながらも癒される照明。
今回は、そういった癒し効果のある木製のペンダントライトを集めてみました。
灯りと木のぬくもりに包まれてみませんか?

木製ペンダントライト5選

1.木の重なりが織りなす癒しの灯り!名作ヤコブソンランプ

北欧の名作。
スウェーデンのデザイナー『ハンス・アウネ・ヤコブソン』がデザインした照明です。
とても有名なので、皆さんもどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか?

北欧産のパイン材を薄くスライスして、組み合わせたこのデザイン。
実際の照明を見ると、パイン材の薄さにびっくりすると思いますよ。
パインは成長が遅いため、細かい年輪が刻まれます。
灯りを付けると、その繊細な木肌を透過した光が空間を優しく照らします。

3灯切替なので、和室の主照明にもピッタリ。
繊細なデザインと技術により生み出される光は、疲れた心をリラックスさせてくれると思います。
 

2.繊細ながらも力強さを感じさせる。ナカオランプ

こちらも木を重ねたデザインのペンダントライト。

この照明をデザインした『ナカオランプ』の拘り。
それは「全く透過しないシナベニヤという素材を使っている」という事です。
前出のヤコブソンとは真逆ですね。

手作業で一つ一つ切り出され、丁寧に組み込まれたすべての板に灯りが反射。
明度を保ちつつ、木の質感によって柔らかい印象になっています。
透過性が全くない分、柔らかい中にも強さが際立って見えるのですね。
しかも、こちらのライトは斜め下から見ると全体が丸く見えるように設計されているのです。
さすが『ナカオランプ』のフラッグシップともいえる照明!

直径32センチと小ぶりなので、
玄関やダイニングにいかがですか?

3.日本のシンプルモダンデザイン。BUNACO

ブナコランプ。
その名の通り、青森県産のブナの木を使用して作られている照明です。
BUNACOは青森県のブランドで、実は日本一ブナが生えているのが青森県!
豊富なブナの木を活用しようと生まれたのがBUNACOです。

ブナは幅1センチ、薄さはなんと1ミリに細くカットされ、手作業でグルグルと巻きながら成形していくという変わった製法。
巻く厚みを変えることによって部分的に光を通す部分を作ったり、厚みによって陰影を生み出す。細やかな職人の技が光る照明ですね。
ブナの木肌は通した灯りを赤い光に変え、ちょっとミステリアスに周りを照らします。

主張し過ぎず、空間にぽつんと浮かんだライト。
シンプルなデザインはどんなテイストのお部屋にも相性がいいですよ。

4.個性的な光のアート。DON2-W

日本屈指の照明作家である『谷俊幸』氏のデザイン。

透明なポリプロピレンという素材に、桜の突板を貼り合わせてあります。
桜の板は優しく重なり、温かな光を届けます。
個性的なデザインは、お部屋でもハッと目をひかれます。そして灯りをつけた時、天井に映し出された花模様ににビックリする事でしょう。
緻密に計算されたデザインだからこそできる、作家の遊び心ですね。

見た目のインパクト、灯りを付けた時の感動。
こんな照明があったら、ワクワクしながらもリラックスした空間になりそうですね。

 

5.お部屋星を。APROZ DOM Wood pendant light

最後にご紹介するのは、木枠で出来た星のペンダントライト。

ウォールナットやクリから作られた木枠はお部屋の雰囲気をポップな感じに変えてくれます。
消灯時でも、空間のちょっとしたアクセントにもなる縦横34センチの大きさのペンダント。
写真のように多灯使いでダイニングや階段にに設置したり、一灯でトイレにも似合いそう。

電球が見えるデザインがポップながらもレトロ。
形と直接的な温かな灯が空間の雰囲気を和ませてくれそうですね。
 

まとめ

いかがでしたか?
木製のペンダントライト、名作から個性的、シンプルな物まで多種多様のデザインがあります。
お部屋の模様替えをしたくなった時。ちょっとだけ気分を変えたい時。
このようなペンダントライトを一つ、取り入れてみてはいかがでしょうか?
木と照明の作り出す美しい空間に、心が癒されると思いますよ。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • kivi

    2017年新居完成。田舎暮らしを始めました。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事