590 VIEW

アイラインの書き方マスター!初心者さん向け

アイラインの書き方って…??なんとなく引いているアイライン、正しい引き方をマスターしましょう♡アイメイクで瞳美人に♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年6月26日更新

アイライン、上手に引けますか?
アイラインの引き方ひとつで印象が変わってくるので、マスターしたいですよね。
難しい…と思っている初心者さんでも大丈夫!アイラインの引き方をご紹介いたします。

アイライナーの種類

アイラインを上手に書くためにも、自分に合ったアイライナーのタイプを使いましょう♡

ペンシルタイプ

ペンシルタイプにはえんぴつ型と、繰り出し型がありますが、どちらも比較的書きやすく初心者さんにおすすめなアイライナーです。
ガタガタなラインになりにくく、失敗が少ないようです。
メイクの仕上がりは、優しい雰囲気が好きな型におすすめです♡

リキッドタイプ

筆で書くリキッドタイプのアイライナーは、細い線から太い線までいろいろなラインを書くことができて使いやすいです。
滲みにくいのも特徴で、パッとしたメイクに仕上がりますよ♡
一番使われているアイライナーなのでは??

ジェルタイプ

液体と個体の間のジェルタイプのアイライナーは滑らかに線を書くことができます。筆にとって書くものや、繰り出しタイプのものがあるようです。細いラインを書くときにはおすすめできないのですが、肌馴染みが良く滑らかにラインを書けるんだとか。

上手なアイラインの書き方

①目頭から2・3ミリあけてから、まつ毛の隙間を埋めるように粘膜にインサイドラインを引きます。インサイドラインを引くことにより、目力アップ!このときにまぶたを軽く持ち上げながら書くと引きやすいそうです。

②まつ毛の上からラインを引きます。目頭から丁寧に書きましょう!リキッドアイライナーの場合はぶれないように一気に。ペンシルやジェルタイプのものは、アイライナーを往復させながら短い線を繋ぐようにして書いていきましょう。

③目尻のラインをまっすぐ、延長して引く。3ミリほど延長すると丁度良い長さになるようです!

アイラインの上から締め色のアイシャドウを重ねると、より自然なメイクに仕上がります♡

アイラインを長持ち♡

せっかく上手にアイラインを書いても、滲んだり落ちてしまったりしていませんか??
アイラインが滲んでパンダ目に…なんてことは避けたいですよね。
アイラインを書く前に乳液など化粧下地の油分が残っていると滲みやすいのでしっかりとティッシュでオフしてからメイクをしましょう。
フェイスパウダーやシャドウの上からラインを書くことをおすすめします。
また、ラインを書いたあとにシャドウを重ねると落ちにくくなりますよ!

アイラインの書き方次第で、なりたい目に♡

キャットアイ

小悪魔メイクの代表的なアイラインの引き方です!目元の印象が華やかに。顔の引き締め効果もあるようですよ♡
リキッドやジェルタイプのアイライナーを使うと上手に書けます。
目尻から目頭までのまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにラインを引き、その後、黒目から目尻までをラインが太くなるように重ねます。最後に目尻から5〜8ミリほど上に向かって跳ね上げラインを書きます。このときに下まぶたの延長戦を書き足していくようなイメージで書くと上手に書けるそうです♡

垂れ目

優しい印象になれる垂れ目もアイラインの書き方で実現します♡
垂れ目ラインは、デカ目効果もあるようです!
まずはまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにしてラインを書きます。次に黒目から目尻にかけてラインを重ね、目尻から5〜8ミリほど下ろしてラインを書いていきます。細く自然なラインを心掛けましょう♡

まとめ

いかがでしたでしょうか??
アイラインを上手に書いてアイメイクを楽しみたいですね♡
最初から上手に引ける人もいれば、苦手な方もいると思います。何回か書くうちにコツをつかめると思いますよ♡ぜひ試してみてください!!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • maaao

    はじめまして。ファッションや美容に関する記事を配信していきたいと思います。一緒にお洒落を楽しみま...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事