10479 VIEW

無印良品のアイテムでクローゼットは見違えるほど美しく収納できる!

使用頻度も高いクローゼットは、ごちゃっとした印象になりやすい空間です。しかし、毎日心地よく身支度を整えるためにはスッキリと整頓された収納にしておきたいものですよね。今回は、そんなクローゼットも美しく収納できる「無印良品」のオススメ収納アイテムや、実例などをご紹介いたします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年5月6日更新

目次
  1. 無印良品は収納アイテムも見逃せない!
  2. 無印良品のポリプロピレン収納ケースの魅力と種類
  3. クローゼット収納にマストな無印良品のPP収納ケース【4選】
  4. クローゼット収納にマストな無印良品の収納アイテム【5選】
  5. 無印良品の収納グッズを使用したクローゼットの実例
  6. まとめ

無印良品は収納アイテムも見逃せない!

無印良品の収納アイテムは魅力がいっぱい♪

無印良品は、食品・衣料品・家具・家電・インテリア・植物・スキンケア商品・日用品など幅広いジャンルの商品が豊富に揃っています。

しかも、「機能性も兼ね揃えた、飽きのこないシンプルなデザイン」ばかりで、愛用される方も多いですよね♪

そんな無印良品の中でも、「モジュールの統一された家具・収納グッズ」は使いやすく、美しく収納できると非常に人気があるんです!

無印良品のポリプロピレン収納ケースの魅力と種類

クローゼット収納では「ポリプロピレン収納ケース」がマスト♪

無印良品の収納アイテムの中でも、ロングセラー商品となっているのが、この「PP(ポリプロピレン)収納ケース」です!

このPP収納ケースは「半透明」になっているので、衣類を収納した際、中に何が入っているのか開けなくても確認することができるので、出し入れの際もスムーズに行えます。

そして、きっちりと「スタッキング」できるのは勿論、モジュールが統一されているので、収納したい空間に合わせて幅・高さを調整して組み合わせれば、そのスペースに無駄を出さずに、スッキリと美しく収納する事ができます。

このポリプロピレン収納ケースには、ボックスタイプ・ラックタイプ・ストッカータイプなどもあり、サイズの豊富に揃っているので、お家のあらゆる場所で活用することができるんです。

その中でも今回は、でクローゼットや押入れにも最適な「引出しタイプ」に絞ってご紹介いたします♡

クローゼット収納にマストな無印良品のPP収納ケース【4選】

①ポリプロピレンクローゼットケース[幅44×奥行55cm]

設計時の一般的な寸法で一番多いのが、奥行きは55cm。広めで75cm程度なので、クローゼット用収納ケースのサイズは、「幅30~45×奥行55cm」が主流となっています。

この「ポリプロピレンクローゼットケース」も、「幅44×奥行55cm」と、一般的なクローゼットにマストなサイズ感なので基本として活用できます♪

そして、高さは全ての使い勝手の良い3つで展開しています。
  • 18cm:下着、靴下、衣類小物、Tシャツなどの収納に丁度よい高さ。
  • 24cm:デニム、ニット、スウェット類の収納に丁度よい高さ。
  • 30cm:フーディやフリース、大判のバスタオルの収納に丁度よい高さ。

②ポリプロピレン衣装ケース[幅40×奥行65cm]

こちらは"押入れ"にも最適な「奥行65cm」の深めタイプのポリプロピレン衣装ケースです。

奥行きのあるクローゼットでも、奥の空間まで有効に活用することができます!そして、幅は使い勝手の良い「40cm」なので、自由に並べて組み合わせる事ができるのも嬉しいポイントとなっています。

高さは、同じく「18cm・24cm・30cm」で展開されています。

③ポリプロピレン収納ケース・横ワイド[幅55×奥行44.5cm]

こちらは、奥行きはやや狭めの「44.5cm」幅はワイド型で「55cm」になっています。

この幅があれば、「シャツ類を2枚並べて収納可能」ですので、奥行きがないクローゼットでも収納力をアップさせたい時や、衣類をアイテム別で分類した際の量が2列分でジャストな場合などにもベストですね♪

高さは、同じく「18cm・24cm・30cm」で展開されています。

④ポリプロピレン収納ケース[幅34×奥行44.5cm]

こちらは、先程ご紹介しました「ポリプロピレン収納ケース・横ワイド」と同じ「奥行44.5cm」なので、ワイドと組み合わせて使用することができます♪

幅は34cmなので、クローゼットの引出しは少ない方が良い。といった場合などに「1列のみ使用」するのも良さそうです♡

高さは、同じく「18cm・24cm・30cm」で展開されています。

クローゼット収納にマストな無印良品の収納アイテム【5選】

クローゼットのスッキリ収納に欠かせない無印良品のポリプロピレン収納ケースですが、合わせて使いたいマストアイテムは、まだまだあります♡

①ポリスチレン仕切板[大・中・小]

衣類収納では、下着・靴下・キャミソール・ネクタイなど、たたむとコンパクトになり、そのまま収納ケースに入れるだけでは、出し入れの度にバラバラになってしまいがちです。

そんな時にマストなのが、こちらの「ポリスチレン仕切板」です!

<サイズ>
サイズは、大・中・小の3つで展開されています。
  • 大:幅65.5×奥行0.2×高さ11cm
  • 中:幅36×奥行0.2×高さ7cm
  • 小:幅36×奥行0.2×高さ4cm


<使用方法>

この仕切り板を、仕切りたいサイズを決めたら、任意の場所でポキっと折り、クロスさせるように組めばOKです!

これで、出し入れの際もバラけること無くスッキリつかえますね♡

②高さが変えられる不織布仕切ケース[大・中・小]

こちらの仕切りは、なんと、不織布素材で出来ており、上部を折り返すことで、自由に高さ調整ができる優れものです!

色んな高さの引出しやボックスで活用できるので重宝しますし、見た目にもとってもオシャレで人気のアイテムです♪


<サイズ>
  • 大:幅22.5×奥行32.5×高さ21cm
  • 中:幅15×奥行32.5×高さ21cm
  • 小:幅11×奥行32.5×高さ21cm

③吊るせる収納シリーズ[5タイプ]

こちらは、シャツ・バッグ・小物に至るまで「吊るして収納」するための収納アイテムです♡

吊るして収納することで、縦の空間を有効的に活用でき、省スペースのスッキリ収納を実現sることができます♪



①シャツポケットタイプ(画像一番左)
両面に計6つのポケットと、5つのループが完備されているので、ワイシャツ、ネクタイまでスッキリ収納できます。ポケットは大きいので雑誌の収納にも活用できます。

①小物ポケットタイプ(画像左から2番め)
両面に計7つのポケットと、5つのループが搭載されているので、ネクタイ・ストール・ベルト・手袋・ハンカチなどの小物類を収納することができます。

③ファスナー付きポケットタイプ(画像左から3番め)
片面にファスナー付ポケットが5つ完備されており、内1つは大きいサイズのポケットなので、小物類から、幅広の物までしっかりと収納することができます。

しかも、ハンガーを取り外せば、キャリーバックなどに、そのまま入れて移動することもできる優れものです!

④バックポケットタイプ(画像一番右)
上下2段に分けて仕切られたポケットが完備されているので、ビジネスバッグ程度のサイズまでなら、スポッと差し込むだけで、スッキリ収納することができます。
⑤持ち手付ポケットタイプ
内部に「持ち手」がついているタイプなので、ハンガーを取り外せば、なんと。そのまま持ち運ぶこともできます!細かい仕切りはないのでザックリ収納したい方にもマストなタイプですね!

④ポリエステル綿麻混バッグホルダー[幅15×奥行35×高さ70cm]

こちらも吊り下げタイプのバッグホルダーです♪先ほどご紹介した「バッグポケット」は2段でしたが、こちらは3段の仕様になっています♡

ナチュラルテイストなクローゼットにしたい場合にも、オススメです♡

⑤硬質パルプボックス[フタ式/深型ハーフ(幅18×奥行25.5×高さ16cm)]

クローゼット収納では、衣類小物や細々したモノなどを、ザックリ収納できるボックスがあると、上部の棚や、空きスペースにポンっと置いておくだけでOKなので、大変便利です♪

無印良品の中でもオススメなのが、軽量なのに耐久性もある、こちらの「硬質パルプボックス」です!

見た目もオシャレですよね!他にも、引き出しタイプ・ストッカー・ファイルボックタイプも販売されています♪

無印良品の収納グッズを使用したクローゼットの実例

①16個の「ポリプロピレン収納ケース」で収納空間を最大限に活用♡

こちらは、ハンガーパイプとの距離を一定に揃え、無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」を設置することで、クローゼットの収納空間を最大限に活用されたレイアウトです♡

面が揃っているので、クローゼットの中はスッキリと美しい収まりになっていますね♪

ポリプロピレン収納ケースは、奥行55×幅44㎝×高さ(18㎝+24㎝)を4列。計16個使用されており、設計の段階でこの幅に合わせてあるとのことです!

②ファイルBOXやワイヤーバスケットもMIXして小物もオシャレに収納♡

こちらは、無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」をクローゼット下部に2段設置し、ハンガーパイプに吊るした衣類との間に、「ファイルボックスとワイヤーバスケット」などを組み合わせることで、ベルトやバッグなどの小物類も、美しく収納してあります♡

無印良品のワイヤーバスケットの中はこのように収納されています♡

ベルトもこのように、収納しておけば見た目も良く、選びやすいので、使い勝手もよくなりそうですね♪

他にも、スカーフやネクタイ。秋冬ならマフラーや手袋といった小物類にもピッタリの収納方法ではないでしょうか♡

③「PP収納ケース」×突っ張り棒で子供用身支度スペースも確保♡

こちらは、無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」を9個と、突っ張り棒を組み合わせることで、子供さん用の通園グッズまでスッキリ収納し、身支度コーナーを設けるアイデアです♡

バッグや小物類は「吊るす収納」にしてあったりと、スペースも有効に活用されてあり素敵ですすね♪

④14個のPP収納ケースは吊るす衣類に合わせ高さを変えて収納力アップ♡

こちらは、大人用の衣類と子供服をひとつのクローゼットで管理されており、ハンガーで吊るす衣類の丈に合わせて、無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」最大限積む事で、収納空間をキッチリと活用するアイデアです♡

クローゼット上部にも、セリアのPlenty Boxで統一感を出してあるので、全体的にスッキリとした印象ですね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?やはり無印良品は収納グッズも見逃せないアイテムばかりですね!

そして、ポリプロピレン衣装ケースのような「ロングセラー商品」は、買い足したい時にいつでも買い足せる。という安心感があるのも魅力のひとつではないでしょうか♪

ぜひ、無印良品の収納グッズも活用しながら、より見た目も使い勝手も良い、快適なクローゼット収納を楽しまれてください♡

 
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事