3323 VIEW

DIY初心者必見!すのこ棚の作り方

お洒落なすのこ棚を始めとして、インテリアにぴったりなちょっとした家具や収納を簡単にDIYする方が増えています。
100均などでも道具や木材、材料が手に入るから、初心者さんでも気軽に挑戦しやすいですよね。
ただ、はじめてだとやり方がわからない!そんな方のために作り方を紹介します♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年4月5日更新

目次
  1. DIY初心者の失敗
  2. 初心者にもおすすめ工具
  3. DIY初心者におすすめの木材
  4. 初心者も安心!棚のDIYの作り方
  5. 初心者でもおすすめな簡単なDIY
  6. まとめ
近頃ますます人気の高まっているDIY。
おうちのちょっとした家具や小物などを自分で手作りすることで、ジャストサイズ、好みのデザイン、機能性を持った、お気に入りのアイテムを手に入れることができます。

初心者さんでも、基本を押さえれば大丈夫!
すのこなどの扱いやすい素材をうまく活用して、使い勝手のよい棚などをDIYしちゃいましょう!

DIY初心者の失敗

DIYを始めるにあたって、やっぱり心配なのが「失敗するんじゃないか・・・」ということですよね。
何事も、初心者には失敗はつきものです。
ただ、出来る限り失敗はしたくないのも事実・・・
まずは、初心者さんかやってしまいがちな失敗から学んでみましょう!

1.工具がわからない

「よし!インスタで見た、あの可愛い小物を作ってみよう!」

そう思い立って、見よう見まねで作成スタートしてみたのはいいものの、途中で家に必要な工具が足りないことに気づき、作業を断念・・・そのままずっと放置・・・

DIYの失敗あるあるですよね。(筆者だけでしょうか?)

そんなことにならないよう、まず、基本的な工具はきちんと準備しておくこと。
そして、作りたいものに必要な工具については、最初にちゃんと確認しておくことが肝心です。

2.作り方がわからない

見切り発車で作りはじめて、作り方がわからない箇所でつまずくこともあります。
ある程度の経験やカンのある方ならカバーできることも、初心者さんだと、なかなか対処も難しいですよね。

はじめて作るものに関しては特に、詳細な作り方を調べてから作り始めましょう。
SNSやブログなどで、細かく作り方を公開されている方も多いので、最初にしっかりプロセスを把握しておくと、作成がスムースにできますよ。

3.材料が準備できない

工具は揃えた。
作り方もちゃんと調べた。

ここまでやってもハードルが高く感じられるのが、やはり材料の調達でしょうか。
特に必要なサイズの木材を入手するのは、初心者にとっては、どうすればいいのかわからないというケースも多いですよね。

最近は100均で簡単に安く木材も手に入りますが、問題はカットすることです。
木材をまっすぐにカットするのは、はじめてだと特に失敗することも多いですよね。
 
木材をまっすぐに切りたい時に役に立つのは、「差し金(さしがね)」です。
直線、直角、曲線までも、これを使いこなすと自在に正確な線を引けるようになります。
正確な測定が、正確なカットにつながっていきます。
ただ、差し金を使いこなすのも経験値が必要そう・・・
そもそもノコギリの使い方にもコツがいるし・・・

そこで、おすすめはやっぱりホームセンターのカットサービス活用です。
多くのホームセンターで、購入した木材を指定の長さにカットしてくれるサービスを実施されていることが多いです。
中には、憧れの電動工具を貸し出し可能なお店もありますので、DIYを始めるなら、お近くのホームセンターで実施しているサービスは事前にチェックしておくといいですね。

初心者にもおすすめ工具

工具、道具をしっかり準備

DIYの第一歩、必要な工具や道具を、まずはしっかり調べて準備しましょう!
まず揃えておくとよさそうなのは、以下の通り。
  • 金槌、トンカチ
  • のこぎり
  • 電動ドライバー
  • キリ
  • メジャー

何を作るにしても、必ず出番のありそうなものばかりです。
電動ドライバーに関しては、「まだそこまではいらないかも・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばカラーボックスひとつを組み立てるだけでも、あるとないとでは作業効率が段違いです。購入した方が、口をそろえて「もっと早く手に入れておけばよかった・・・!」と言いがちなアイテムのひとつですので、気になる方はこの機会に揃えておくといいですよ。
 
グルーガンも便利ですね。
後ろからセットしたグルーと呼ばれる接着剤を溶かして接着します。
最近はどこの100均でも手に入るようになりましたし、DIYやハンドメイドにとても便利に活用できるから、ぜひ揃えておきたいアイテムのひとつです。

小さなリメイク・DIYなら100均アイテムを使用

masafumi_0323

ちょっとした小物を作成したり、リメイクに使ったりしたい時には、100均アイテムがとても便利です。
最近のDIY人気には、100均のプチプラでお洒落なアイテムを素材として作られる、可愛い雑貨の数々のインパクトの大きさもかなり影響していますよね。

工具や塗料なども、一通りは揃っているので、ちょこっとお試ししたいという場合にも使えます。
 

DIY初心者におすすめの木材

初心者におすすめの材料はすのこ

最近、DIY素材として注目を浴びている「すのこ」は、リーズナブルに手に入ることもあり、軽くて扱いが楽にできることから、初心者さん、特に女性には安心です。
100均で購入することも可能で、こだわるならホームセンターなどで、サイズの大きいものや100均にはない素材のものなどを手に入れることもできます。

100均のすのこのサイズ

100均のすのこのサイズは、ミニサイズが一般的。素材は桐です。

例えばダイソーで取り扱いがあったものは、以下の通り。

40×23cm、31×27cm、36×18cm、31×30cm、35×25cm、40×25cm
流し用:大25cm×35cm、中25cm×30cm、小22×29cm
収納用:22cm×30cm、25cm×30cm、25cm×35cm

このような種類のものを販売されているようです。

本格的にやる場合

kohinata_quality

作りたいものが、すのこではできない場合、本格的にDIYしたい場合には、ベニヤ板や木材を用意しましょう。
ホームセンターや工務店などで入手できます。
その際、取り付け金具も一緒に購入しておくといいですよ。

買いに行く前にきちんと寸法を計っておいて、必要な長さ、数量分をカットしてもらうとその後の作業がスムースです。

初心者も安心!棚のDIYの作り方

DIYをこれからはじめる初心者さんにオススメなのは、棚のDIYです。
収納に便利に活用できる棚は、すのこを使えば簡単に作れる上に、すのこは100均で安く購入できます。

それでは具体的に作り方の手順を見ていきましょう!
 

DIYする棚のサイズを決定

まずやることは、どんな棚がほしいのか、どの程度の大きさのものがほしいのか、しっかりとイメージを固めることです。

棚の用途を考えて、何を入れるのか、そのために必要なのはどんな形にしたらいいのか、どのくらいのサイズが必要なのか・・・

この工程をしっかりやっておくことで、後の作業効率も上がるし、何より作りたい気持ちがますます高まり、テンション維持につながります。
InstagramなどのSNSで、作りたいイメージの画像を見つけて、それを参考にするのもいいですね。

必要なサイズがわかったら、すのこ棚の置き場所を確保します。そして、そのスペースがどのくらいあるのか測定しましょう。
これですのこ棚の長さ、幅、高さが決まります。
メジャーで測ってゆき、その数値をメモしておきましょう。

設計図を作る

un.deux.un.deux

棚の大きさが決まったら、設計図にします。
まずは、頭に思い描いた、ほしい棚のイメージを絵に起こします。
予め計測しておいた寸法なども書き入れておきましょう。

その設計図を元に、必要な材料、必要な数量、材料の大きさなどを決定します。

材料を購入する

amime_kirin

設計図作成時に確認しておいた必要な材料を購入します。
今回作るのはすのこ棚ですので、100均ですのこを必要な枚数分準備します。
この時に、ついでに必要な道具も揃えておきましょう。
100均では、アンティーク調もお洒落な金具なども一通り取り揃っているから、必要があれば適宜購入しておきます。

DIYする場所を確保する

さて、いよいよDIY作業の開始です。
まずは、DIYするための場所を確保しましょう。
狭い場所ではそんなに大きくない棚作りであっても、作業が難しくなります。
ある程度広めの場所を確保できるといいでしょう。
家の中で作成するという方も多いかと思われますが、その場合でも、ある程度の作業スペースは確保しましょう。
 

すのこで棚をDIY

設計図通りにすのこを切る

すのこをそのままで使える場合はいいのですが、設計図通りのサイズにするために、すのこをカットします。
すのこはノコギリを使って必要な大きさにカットしましょう。

こちらでは糸ノコを使っていますが、糸ノコを使う時には、板に対して垂直になるように刃を当てて、力を入れすぎずにゆっくりと切っていくとうまく切れますよ。
すのこは、木材の中では比較的カットしやすい素材です。

すのこどうしを組み立て、接着させる

すのこを必要な大きさにカットしたら、あとはそれを組み立てます。
すのこどうしを接着させるために使うのは、木ネジです。

つなげたい部分にキリで穴を開け、ネジをまっすぐ差し込みドライバーで取り付けます。
場合によっては、木工用ボンドなどの接着剤を使って固定してもOKです。
上に置くものは軽いものに限定するなどの配慮は必要になりますが、簡易的に棚がほしい時などに、気軽に作れるのが魅力です。
木工用ボンドだけで心配な場合は、結束バンドを使って補強しましょう。
きゅっと縛ると強固に固定されるし、余分な部分をカットすれば意外と目立ちません。
ネジもボンドも使わずに、結束バンドだけで棚を作るという方もいらっしゃるくらいなので、上手に使うとかなり使えるアイテムですよ。

好みによってアレンジ

すのこを組み合わせるだけで基本の形ができあがるすのこ棚ですが、自分の好みによっておしゃれにアレンジすると、より愛着を持って使えます。

すのこでDIYした棚の例

100均アイテムをうまく組み合わせて素敵な棚にされています。
すのこに色をつけ、ボンドで接着するだけで完成です。
上段のすのこ棚は、いちばん下に100均の木箱を付けて棚の形に固定し、その上部ではすのこのゲタ部分を活用して、アイアンかごを入れて使われています。

このように、すのこや板だけでなく、カゴなども使うと、より使い勝手もいいし、作るのも簡単です。
こちらの調味料ラックのアイデアも秀逸ですね!
100均の木箱がちょっと斜めになるように設置されていて、中身が楽々取り出せるような設計になっています。
こういった使いやすい仕様にできるのもDIYのいいところですね。

初心者でもおすすめな簡単なDIY

すのこ棚を作るやり方で、こんな収納棚を作ってみるのもいいですね!
ゴミ箱を収納する場所も確保できて、ベッド周りの細々したものがここに全部分類収納できます。
すのこ棚を連結させて作ることで、その使い方や形にいろんなバリエーションが生まれ、置き場所によって、より使い勝手よくアレンジすることが可能になりますね。

すのこで机を作っちゃう方も・・・!

デスク横に収納に便利な棚をすのこで作る、という方なら見かけますが、机を作る、しかもその素材にすのこを採用する、という方はなかなか見かけません。
その気になればここまでのポテンシャルのあるすのこ。
すのこDIYに慣れてきた方は、ぜひこういったアイデアに触れてみて、更なる優れた作品のインスピレーションにつなげてみるのもいいですね。

ベッド

「すのこベッド」という商品まであるほど、通気性のよいすのこは寝具とは相性抜群です。
本格的にすのこベッドをDIYしようと思うとたいへんかもしれませんが、簡易的には、ただすのこを必要数並べて、結束バンドなどでしっかり固定すればもうそれでできあがりです。

こちらの画像で使われているのは「木製パレット」といって、厳密にはすのことは異なるものですが、海外インテリアなどでベッドとして使うのが最近人気になっていて、それですのこベッドの人気も高まっています。

テーブル

すのこを使ってテーブルを作ることも可能です。

こちらは、すのこ棚の上に天板を乗せることで、カウンター風のテーブルとされているDIYアイデアの実例です。
天板はL字の金具で留めているそうです。
隠したいときには好みの柄の布を垂らしてみたり、板壁風に飾ってみたり、見た目もカフェ風でお洒落、配膳台としても使える使い勝手のよさも抜群です。

ベンチ

花台として、小物のディスプレイ棚としても大活躍しそうな、こんな可愛いベンチもすのこでDIYできます。

こちらのミニベンチは、すのこと角材をつなげただけのもの。
形もシンプルなので、作り方も比較的容易に想像できますね。
好みの色でペイントして、インドアでもアウトドアでもインテリアで活躍させてみたくなります。

まとめ

いかがでしたか。
初心者さんにはなかなか敷居の高く感じられる場面もあるDIYですが、しっかりポイントを押さえて準備をきちんとしておけば、失敗も怖くありません。
100均アイテムなども上手に活用して、組み合わせてみると、オリジナルアイテムができあがるというような楽しみもあり、やればやるほど、どんどん新しいものを作りたくなります。

すのこ棚のような、気軽にチャレンジできるアイテムから作っていって、DIYを楽しんでくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事