100均粘土は誰でもハマる!楽しく作れるレシピ集

一概に粘土といっても実にさまざまな種類のものがあります。100均でも紙粘土、軽量、樹脂、木かる、小麦、油、石粉、石けん粘土などいろいろ。どの粘土がどんな作品に最適なのか粘土の種類別特徴と作品レシピを見てみましょう。
この記事を見る

使いはじめはしっとりしていて扱いも楽ですが、暫く放置した状態で空気中に触れさせているとボソボソになってきて、思い通りの形や質感を出せなくなります。

紙粘土は乾燥して固まらないよう使う分だけ包装紙から取り出して使うようにしましょう。残った粘土は濡れタオルに包んでおくか、長時間使用しないときはビニール袋に入れて密閉し、空気に触れないようにしましょう。

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...