手作りするなら挑戦する?工夫でさりげない個性が光るスヌード&マフラーデザイン

今年こそ編み物にチャレンジしようと頑張っている人も多いのでは?少しの工夫でちょっと上質な個性が光るマフラーとスヌードのアイデアを集めてみました。今からでも加えられるデザインもあるのでちょっと覗いてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月25日更新

ニットとファーを組み合わせるとまた違った着こなしに。ファーをたくさん見せるとゴージャスに、ニットをたくさん見せるとカジュアルになります。ニットを巻いてできた隙間にふわっとファーが寄り添ってくれるのでとても暖かそうです。

個性的に、大好きな毛糸のあまりを集合させてパッチワーク状態にするのも意外と思いがけないデザインに出会えます!毛糸だけ見ているのと、実際に編んでみると雰囲気が変わりますからそれも新たな発見で楽しいですよね。それぞれの毛糸で編み幅が違くても意外と馴染んでくれますから好きなように組みあわせて、ファッションによって見える毛糸の位置を変えると変幻自在にどんなファッションでも使えるスヌードになりそうです。

こんなコットンヤーンで編むと、また全然違った雰囲気です!もちろん春から秋にかけてがメインのシーズンになりそうですが、洋服とスカーフのようにコーディネートして組み合わせれば、冬でも素敵に着こなせます。ちょっとした温度の調節に役立つこと間違いなしです。

毛糸や糸はシンプルでも、編んで、ねじって個性を出す

こんな複雑に編み込んであるとファッションのポイントになりますね!これは、両端から初めて行って、それぞれ5本の紐を編んでいって、ある程度の長さになったら編み込んで、編み込んだ後はマフラーになるように編み続けて、おそらく首の後ろあたりにつなげた部分がある、もしくは、編み込み終わりの片方はそのまま留め置いて、ぐるりとマフラー部分を編んでつなげているのでは二でしょうか。まるでセレクトショップの海外の手編みの高級品のような雰囲気です!

こちらは、似た色合いの、太さの違う糸をそれぞれ細く3本編み、三つ編みにしています。似た色の太さが違うものを合わせるなんて、あまりないアイデアです!糸の太さの違いにより3本の雰囲気がちょっとずつ違うのは、気付く人にしかわからないポイント!一目おくオシャレさんの友達に気付かれたらちょっと嬉しいですよね。

こちらは同じように細いマフラーを編んでいますが、同じ太さ、素材で、色違いです。あまり暖かくなさそうですが、色の組み合わせであなたらしさが100%出せるデザインですね!初心者でも簡単にできるデザインなので編み物初めてだけれど個性的な作品を作りたい人にはオススメです。

上質そうなリボンがとてもインパクトのあるスヌード。これは、太い糸で太く編んで、ちょうど首に巻き終わる程度の長さに仕上げて最後をリボンでまるで縫い込むようにしてあります。このリボンを同色にしたり、素材感を変えるだけで雰囲気はまた変わります。このベルベットのような光沢感と虹色のような高級感あるリボンにすることによって上品な作品になっています。

極太の毛糸を数本の束で三つ編みにし、ところどころ編み込んでいますがおそらくスヌード本体の部分は針を使わずに手だけで編んでいますね。もしくは腕編みでしょうか。止める部分だけ、ボタンと編み棒で作っているのがポイントになっていて素敵です。ゆるさと、締める部分を組み合わせていることでまとまっています。

ボタン使いで個性を出す

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事