1429 VIEW

キャスター台は優秀アイテム。活用テクニックはこれ

キャスター台の活用テクニックは無限大です。さっと動かしたいものにキャスターをつければ、移動も楽。耐荷重さえ考えておけば自分の好きなデザインをチョイスし見た目重視にしたり、敢えて目立つ色を持ってきたりと遊び心でDIYすることも。そんなキャスターの人気の活用アイデアのご紹介です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月25日更新

ダイソーの200円商品のキャスターはしっかりしていて、耐荷重20kgまで可能です。園芸用の細いワイヤーや結束バンドなどをかごの網目にくぐらせてキャスター台を固定すると 籐かごにキャスターがついて移動も楽々です。

赤ちゃんのオムツ入れなどに便利ですね。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事