ハンドメイドとは思えない!?手作りヘアゴムのアイデア

手作りのヘアゴムをつけていて、「作ったの?」と言われるよりも、「どこで買ったの?」と言われたい!!でもショップで見るかわいいヘアゴムの作り方なんてわかりませんよね。ショップの商品や作家さんの技を研究して自分だけのオリジナルのヘアゴムを作りましょ⭐︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年10月27日更新

手作りに見えないヘアゴムのコツ

いつもの手作りにプラスアルファで差をつける

100均でもくるみボタンのキットは手に入りますよね。ただある布を包むのではなく、一工夫。ちょこっと刺繍を施すだけで、小さいボタンだからこそ、かなりこだわった印象のくるみボタンが作れますよ。

毛糸のポンポン一つでは、手作り感がバッチリ出ちゃいますよ〜。一つではなく、幾つか集合にしてサイズを変えたり色違いでまとめればボリュームが出てヘアのポイントになりますね。異素材のリボンなどをプラスすると凝った印象になります。

ゴムにチャームを付けるだけでもこんなに可愛い!色違いやちょっとしたデザイン違いのチャームでお揃いのものを幾つか作ると、手首につけておくだけでもブレスレットのようですし、髪に重ねづけしたり、アレンジに幅ができます。髪にからまなそうなチャームを選ぶことが大事ですね。

好みの大きさの6片の花弁のシンプルな花形を6枚作り、折りたたんで一度一つずつ糸で固定しておきます。畳まれた花びらを糸でまとめていき、球形に整えて、ゴムの結び目が花の中に隠れるようにつけます。シンプルでありながら手作りと思われなさそうなデザインです。

こんな個性的なノットをマスターしてポイントに持ってくれば、シックな装いにも合うヘアアクセが出来上がり。

リボンのヘアゴムはチャームプラスがポイント

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事