古いかごバッグでも大丈夫!驚きのかごバッグリメイクアイデア!

夏のオシャレの定番アイテムといえば「かごバッグ」ですよね。でも、シンプル過ぎる形に飽きてしまったり、持ち手や口の部分などが痛んでしまってクローゼットに入れっぱなしになっていませんか?そんなかごバッグをリメイクして、もう一度お気に入りに生まれ変わらせるリメイクのやり方をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.4.12 作成:2016.4.12

針や糸が使えなくても大丈夫!

お好みの布と両面テープでリメイク

両面テープをぐるっと一周貼って…

お好みの布を貼り付けるだけ!

リボンとボタンで大胆な顔バッグにリメイク

派手ではないのにインパクト大!

紙の部分はリボンを結び、目や口はボタンとリボンをグルーガンで接着すれば出来上がりです。

思い切ってペインティング♡

色も形も自由自在なところがペインティングの魅力

ペインティングで落ち着いたツートンカラーのかごバッグにリメイク

マスキングテープを使えば、綺麗な直線を描けます

型紙を使えば、どんなに複雑なモチーフでも綺麗にペイントすることができますよ♡

デザイン色々 かごバッグリメイク例

内布やリボンを付けるだけでも雰囲気がガラッと変わります

痛みやすい持ち手は布を巻いて補強しながらリメイク♡

汚れやすい口部分も布で隠しながらリメイク♡

痛みやすい底部分にはレースを貼って

黒いレースを使用するとグッと大人っぽくなりますね

内布を付けると、イメージが変わるだけでなくバッグの中身が編み目に引っかかることがなくなって使いやすくなりますよ

内布と外側の装飾との組み合わせを考えるのも楽しい時間♡

可愛い内布やモチーフを使えば、お子様へのお下がりにもピッタリです

お好みの形に切り抜いたフェルトやテープを貼付けてリメイク♪

100均や手芸店で販売されているワッペンを活用しても良いですね。

ドイリーを大胆に配置したリメイクは汚れ隠しにも

色とりどりのタッセルを結んでカラフルに。タッセルは手芸糸で簡単に作ることができます。

タッセルをまとめて下げるだけでも、イメージがグッと変わります

同じ「下げる」なら、毛糸で作ったボンボンも可愛いですね

毛糸を持ち手に巻き付けたり、イニシャルやメッセージを縫い付けるのもオシャレ♡

様々なレースやボタンを組み合わせて、繊細かつ華やかにリメイク

薔薇やリボンでロマンチックに♡

100円ショップや手芸店で販売されている造花を飾ってゴージャスに

ファーを取り付ければ、冬にも使えるかごバッグに変身!

使用する素材や組み合せでデザインは無限大!
あなたのクローゼットに眠っている古いかごバッグがあれば、ぜひ挑戦してみてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事