お部屋に置くだけで華やかさアップ!ボタニカルキャンドルは手作りできる!

キャンドルの灯火は気持ちをリラックさせてくれますが、この草花やドライフルーツなどが蜜蝋のなかに閉じ込められたボタニカルキャンドルは手元にあるだけで気分が上がります。お部屋に幾つか飾ってあったらそれだけで素敵なインテリアにも!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月28日更新

ボタニカルキャンドルとは?

ボタニカルキャンドルを作ってみよう

紙コップ1個分は、こちらの3号ロウソクを15本使用

様々な色形のパンジーミックス 25枚
価格 500円 (税込 540 円)

自然素材のイチゴ 6枚
価格 700円 (税込 756 円)

アジアンタム ミクロ 5~6枚
価格 700円 (税込 756 円)

芯を固定して紙コップに溶かしたロウソクを流し入れます。

全体が白っぽく膜を張ってきたら一度蝋を取り出し、紙コップ内に残った蝋に押し花を貼付けていきます。

取り出した蝋にアロマオイルを垂らして香りづけ。
コップの内側に貼付けた押し花が剥がれ落ちないように注意しながら蝋を紙コップに戻します。固まったら底を平らに調整して完成。

火を灯さないアロマキャンドル

透明感のあるジェルワックスのキャンドルも人気

ジェルキャンドルの作り方

キャンドル用 透明ジェル 250ml idea
イタリア マイマリ社製
価格1,162円(税込)

quote
ジェルは90℃で溶け始めますが、150℃以上には絶対にしないでください。
150℃以上になりますと色が黄ばんだり、曇ったりしてしまいます。
また、200℃以上になると発火しますので、十分お気を付け下さい。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事