82905 VIEW

ヒールのゴム取れちゃった…!そんな時に試して欲しい応急処置とセルフケア

ヒールのゴムが取れてしまうことは、女性たちにとって逃れられない宿命…
そんなピンチを乗り越えるセルフでできる裏技をあつめてみました♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月26日更新

よし遊ぶぞ〜!という時に限って…

ヒール履いておでかけした日あるある…



ヒールのゴムはとれる…



取れたヒールをそのままにしておくと、足への負担が大きく、左右の太さや形が変わってくるなどの美脚の妨げに!

そして何よりもあのカンカンというヒールの音はダサい!!

実は筆者、あの音がすごく苦手です…
黒板に爪を立てた音くらい苦手です…!!

そんな取れたヒールの応急処置は?

すぐ修理屋さんに行けたら一番いいのですが、そんな時に限って時間がなかったり、近くに見当たらなかったりするんですよね〜

そんなときの応急処置とは!?

▼ボンドに頼る!

ボンドをゴムが取れた部分に厚塗り!

乾くと透明になるので目立ちませんし、何よりもあのカンカン音を軽減してくれる…!
あくまで応急処置なので、一日持てばいいかな?というレベルです!

▼グルーガンに頼る!

これもボンドと同じように、ゴムが取れた部分をコーティング!
固まるとつるつるして滑りやすいので、これも本当に応急処置!

気をつけて歩いてくださいね!

▼絆創膏に頼る

ヒールの色に合う物があるなら、絆創膏でもOK!

これもずっと歩いていると擦り切れてまた音がしてしまうので、緊急対応ですね…!

直さなきゃいけないのはわかってるんだけど…



修理屋さんにいけばいいのはわかってるけど、プチプラで買った靴にお金を掛けたくなかったり、単純に金欠だったり…
みなさんにもいろんな事情があると思います

そんな時に挑戦して欲しいのはセルフで修理してみること!

ゴムの取れたヒールをセルフで修理!

▼ヒールのセルフ修理に必要なもの

まず必要なのは”ペンチ”!
そして”ハンマー”!
そしてボンド!

そして100均のヒールラバー!

100均に踵のゴム部分が売っているんです!
お財布に優しく修理ができちゃいますね!

サイズを選ぶときは必ずヒールより面積の多いものを選びましょう〜

▼ヒールのセルフ修理の仕方

ヒールの構造を横から見た図

図でいうと、ゴムがとれた状態は青い部分がなくなって、赤い芯のところがむき出しになっている状態ですね

残ったゴム部分とリフトをペンチで除去

図で言う青い部分と赤い部分をペンチで引き抜きます

交換するヒールラバーはこんな感じ

穴にパーツを差し込んで…

穴がゆるいようなら、間に輪ゴムをかませてキツイくらいのサイズ感にしましょう!
そしてハンマーで打ち付けていけば完成!!

まとめ

どうしても避けられないヒールの修理…
どんなにお気に入りでも、毎日履くのはやめて幾つかの靴を履き回しながら大事にしていきたいですね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • えま

    ハンドメイドでアクセサリーを作るのが趣味です

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事