どこが変わった!?2015年に流行った塗りかけネイルが進化して帰ってきた!

モデルのローラが、自身のブログ、InstagramにUPしたことで一気にネイル好き女子に広まった「塗りかけネイル」。さすがに初期は一般人にはちょっとリスキーと、勇気が出ない人も多かったようですが、その後進化した塗りかけネイルはめちゃくちゃかわいいんです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月15日更新

「ネイルクイーン」ローラの提案から火がついた!

「塗りかけネイル」はローラのInstagramから生まれた!

2014年秋にローラがInstagramにアップした一枚の写真が「塗りかけネイル」の誕生の瞬間でした。ローラ本人にしてみれば、きまぐれに「塗りかけみたいにしてみたよ」とつぶやいてみただけなのかもしれませんが、少しのはがれも許されないネイルしか知らない私たちには衝撃的でした。

抜群の人気を誇るモデルであり、ネイルクイーン(2014年)にも選ばれた女の子たちも注目するトレンドセッターローラ発の新しいネイルスタイル。おしゃれな女子達が注目し始めました。

「ネイルってもっと自由でもよくない?」って。

「かわいいキャラ」のローラのイメージが強いですが、彼女のInstagramの写真はさすがトップモデルのかっこよさ!確かにこれはフォローしてしまいます。
あらためてローラに注目してみると、本当にスタイルいいしきれいです。これはハリウッド進出もうなずけますよね!

さすがの美脚!脚が長い!

ショートヘアもかわいい!

出典minami1.sakura.ne.jp

お人形さんっぽいイメージが強いけれど・・・

クールな表情も上手い!

初期は否定的な意見が多数を占めた「塗りかけネイル」

最初はやはり否定的な意見が多数だったようです。ローラの「塗りかけネイル」を否定するのではなくて、一般人が取り入れることに疑問を感じる人が多かったのです。


「だらしない感じ」

「塗りかけネイルって、私がやるとただの剥がれちゃったネイル」

「塗りかけネイルって単にきっちり塗れなかっただけでは?」

「塗りかけネイルで学校に行ったら、剥がれてるよっていわれてへこんだ~」

などなど。
当時はこれでもかとデコ満載のネイルが主流で、剥がれなんて絶対許されなかった雰囲気でしたからね。

本当に「まさかの塗りかけネイル」という感じでした。

とにかくネイルの形にそってキレイにベタ塗りするのが基本

共通の悩みはネイルの剥がれ。ジェルネイルも大人気でした

出典: www.youtube.com

ネイルアートにのめり込む人も

出典: getnews.jp

ナチュラル派も「剥がれ」は許せなかったのです

出典: nailscafe.jp

「塗りかけネイル」はどう塗ればいいの?

簡単にいえば「わざとそうしている」と思わせること。

塗りかけネイルなんだけど、「塗りかけ」に見せないことが絶対条件!なんです。

ローラが最初にアップした記事のようにパールやストーンをONしてみたり、色をミックスしたり、グラデーションをつけてみたり。ネイルにまだ慣れていない、というあなたなら、爪の先だけちょんちょんと塗ってみたり爪の根元部分から少し離して塗るシンプルな塗り方がおすすめ。


多分、オシャレ女子のモチベーションを刺激したのは、自身のオシャレセンスが試されるからなのかも。

「塗りかけネイル」人気デザインは?

難易度の高い単色塗りかけネイルを経て、「筆でさっと無造作に塗った」「爪の先からしずくが落ちるような」、感性を大切にしたフリーデザインが主流になってきました。

自由な発想で思い切り遊ぶネイルの世界。こうしてみるとアートにも見えてくるからすごい!

「塗りかけネイル」は縛られたくない女の子の気持ちの表れなのかも

そもそもローラが最初に塗りかけネイルを発信した時、真っ赤なネイルにパールをつけたデザインがベタ塗りでは「キレイめになりすぎるから」あえて塗りかけスタイルを選択したのだそう。

もっとフリーにカジュアルに、ネイルを楽しんでもいいんじゃないか、女性たちはそう気付いたのではないでしょうか。一度あなたももっと自由なネイルの楽しみ方として「塗りかけネイル」にトライしてみては?

ネイルなんて落とせばいいのですから。

みんなもっと自由に楽しもうよ!

ローラの声(多分)

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • Weboo style

    あふれる情報から役立つソースだけをピックアップ!プチプラアイテムを活用しながらファッション、イン...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事