【100均プラバン+ヘアスプレー】プラバン印刷で、よりハイクオリティに遊んでみよう♪

今や大人気のプラバン工作。
100均でも簡単に手に入ることから、すっかりお馴染みのクラフトになりましたよね。
今回は、そんなプラバン工作の新しいワザをお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年5月23日更新

目次
  1. 100均のプラバンで印刷ワザにチャレンジ!
  2. ヘアスプレーを利用したプラバン印刷のやり方
  3. 100均プラバンに印刷する他の方法
  4. セリアに印刷できるプラバンが登場
  5. プリントプラバンを極めてみよう
  6. まとめ

100均のプラバンで印刷ワザにチャレンジ!

インクジェットプリンター専用プラ板

大人気のプラバン工作!
このプラバンで、プリンターを使って図案を印刷して作る、というやり方があるのをご存知ですか?

プリントプラバンのテクニックを使うと、普通に手描きして作るよりも更に多彩な表現が可能になり、作品の幅がひろがります。

ただ、この印刷ワザ、普通のプラバンでそのまま印刷しようとしてもうまく行きません。
普通のプラバンでは、印面がつるつるしていて、インクが乗らないのです。

ご家庭にあるインクジェットプリンターで印刷しようと思うと、今までは、専用のプラバンを購入するしかありませんでした・・・・・

100均プラ板

これが、一般的な100均で販売されているプラバンです。

100均プラバンでも印刷してみたい!!

そんな人たちの希望をかなえる、裏技が話題になっています。

100均プラバンにヘアスプレーを使うと印刷できるようになる!

なんと、ヘアスプレーを吹きかけると、普通のプラバンでもプリントできるようになるというウワサ!

どういう原理かというと、ツルツルの印面に、ヘアスプレーをかけることによって、ザラザラにして、印刷が乗りやすくするのだそうです。
初めに考えた人はすごいですね・・・!

ヘアスプレーを利用したプラバン印刷のやり方

1.ヘアスプレーを用意する。

準備するものは、まず一般的なプラバン工作に必要なアイテムに加えて、忘れちゃいけないのがヘアスプレー!
普段お使いのもので大丈夫です。

一般的なプラバン工作に必要なものについては、購入したプラバンに記載されているので、それに従って準備してください。

2.プラバンにヘアスプレーを吹きつけて、乾燥させる。

普通のプラバン工作なら、プラバンに図案を書き写していくところから始まるのですが、ここでは、プラバンにヘアスプレーを吹き付けるところからスタートです。

ムラ無くスプレーすることがキレイに印刷されるコツだそうですよ。
またホコリが付くと失敗の原因になるので、スプレーする前と後にホコリが付かないよう十分注意しましょうね。

満遍なくスプレーして、しっかり完全に乾燥させてください。

スプレー時の注意点

このヘアスプレー技には、絶対に守ってほしい注意点があるのですが、特に大事なのが、スプレーしたら、しっかり乾燥させるということ!

スプレーの湿気が残ったまま次の作業に進むと、「引火する」「プリンターが壊れる」などの重大な事故につながりかねません。
くれぐれもここの作業は雑に行わないようご注意を。

ドライヤーで乾かすといいですね。

乾燥させる時には、自然乾燥だけでなく、ドライヤーを使用して、しっかり完全に乾燥させていくといいです。
 

3.印刷

いよいよプラバンに好みの写真や図案を印刷しますよ!

・・・でも、そのまま普通にプラバンを入れて印刷しようとすると、プラバンがプリンターの中で詰まったりすることも・・・

そんな失敗を防ぐために、もうひとつ、手間をかけてみましょう。

紙に貼り付ける

プラバンだけだとプリンターの中で詰まったり失敗することもありますので、一回り大きめの紙に貼り付けてから印刷するといいそうです。

その他、できあがりを意識して、デザインを左右反転させておくことも大事ですよ。
無事に印刷されました~!

印刷直後は、インクがゆるゆるですので、くれぐれも触ったりしないように・・・
よーく乾かしましょう。

4.またスプレー

ある程度乾いたら、インクが取れないようにもう一度さっとスプレーして更にドライヤーで乾かします。
乾いても、インク面はデリケートですので触らないようにしましょうね。

5.プラバンを焼く

ここからは、普通のプラバン工作の工程と同じです。

オーブントースターで所定の時間焼きます。
下に敷くのは、くしゃくしゃにしたアルミホイルが安全ですが、圧倒的にくっつかないのはクッキングシート。この場合、紙ですのでくれぐれも目を離さないように。

6.本などに挟んで冷ます。

直に挟まず、クッキングシートを使いましょう。
強く押しすぎるとインクが滲むことがあるので、優し目に・・・

7.完成♪

こちらの方の作例は、プリント専用プラバンを使ったものですが、こんな風に同じものをいっぱい作れちゃうのも印刷プラバンの魅力!

100均プラバンに印刷する他の方法

プラバン印刷は魅力的だけど、ヘアスプレー技はプリンターが壊れるかもしれないし、ちょっと手を出す勇気が出ない・・・

そんな方もいらっしゃいますよね。

もちろん、ある程度のリスクはありますので、このテクニックは、くれぐれも自己責任の上で、いくつかの注意点に十分留意した上で行う必要があります。

でも、ヘアスプレー技以外にも、実は普通のプラバンに印刷する方法はあるようです。
こちらもいくつかの理由からちょっとハードルは高いのですが、参考までにご紹介いたします。

コンビニのコピー機で印刷

家庭用のインクジェットプリンターだと、インクが乗らないのですが、違う種類のプリンターならインクが乗る場合もあります。

レーザープリントならば100均のプラバンでも印刷できるのだそうです。
ただ、コンビニのコピー機にプラバンを入れて、もし詰まりでも起こして壊したらと考えるとちょっと怖いですよね・・・

(※コンビニのプリンターを使用したい場合には、お店の責任者の方に、プラバン印刷をしていいかどうか、確認してからにしてくださいね。NGにされている店舗も多いそうです。)

やすりで削る

ヘアスプレーを使うのは、印面をザラザラにして、インクの載りをよくするため、でしたよね。
だとすると、ザラザラにするために、プラバンの表面をやすりで削るのも大いにアリです!

ただ、こちらの方法も名案ではあるのですが、インクが載るようにある程度の面積に渡ってザラザラにするためには、結構な根気が必要です。

いきなり大きい範囲をやすりで削るのは疲れるから、小さな面積ならちょっと試してみてもいいかも。
木工用のやすりが使いやすいようですよ。

やすり技の豆知識・・・

プラバンは一般的に油性ペンで色づけしますが、やすりがけの技術を使うと、色鉛筆やパステル、水性ペンなんかの画材も使えるようになるみたいです!
この場合、焼いた後の仕上げに、水性ニスやマニキュアのトップコート、デコパージュ液などを塗りましょうね。
(100均にも売っています♪)

普通のプラ板に印刷してみた。 - YouTube

プラバン+ヘアスプレーで印刷をするテクニックについて、動画で紹介されています。

紹介動画の説明文にも注意書きがあるのですが、普通のプラバンを家庭用プリンターで印刷するのは、もちろん想定外の使い方になりますので、くれぐれも自己責任で、注意して行いましょう。
気になる方は、プリント専用プラバンを使うほうが安心ですし無難です。

セリアに印刷できるプラバンが登場

ここまでの流れを完全に覆すようですが、セリアに印刷できるプラバンが登場しています!

透明タイプと半透明タイプがあり、どちらも失敗なく印刷でき、仕上がりもかなり上々だと評判がいいようです。

こちら、人気商品となっているようですが、もし手に入るようでしたら、素直にこちらを使うのが最適解と言えるかもしれませんね・・・!

着色時のやすりがけも不要に!

着色する時にヤスリがけする必要がなくなる、という点も、プラバンアーティストの方たちから好評のようです。
その着色自体もムラがなく仕上がり、普通のプラバンよりも綺麗に作れるそうです。

さすがセリアはユーザーのニーズをよくわかってくれていますよね・・・!

プリントプラバンを極めてみよう

プリント専用プラバンの作例になりますが、印刷できるようになると、こんなにいろんな表現ができるようになりますよ♪

写真を使って

写真を使うのは、印刷プラバンの醍醐味ですよね。

センスのいい画像があれば、それを印刷することで、こんなにオシャレなプラバンストラップだって手作りできちゃいます。

写真は、自分で用意してもいいし、Instagramなどで素敵な画像をお借りするのもいいですよね。

(※web上の画像を使う場合は、著作権などにご注意ください。個人の使用や楽しみの範囲内でしたらたいていの場合はOKです。)

猫♪♪

飼い猫の写真で可愛いプラバンアクセサリーを作成するのも楽しいです。

ペットだけでなく、子どもの写真などを使って、おじいちゃんおばあちゃんなどにプレゼントするのも喜ばれそうですよ。

繊細な水彩画も再現

繊細な水彩画の表現をプラバンに乗せるのも、印刷なら楽々です。
水彩画の表現は、プラバンの上に直接描くわけにはいきませんので、こういう印刷技を使えると、表現の幅がひろがりますよね。

産地直送風

水彩画を印刷して作られたミニチュアのくだものプラバンブローチ!
くだものの入ったダンボールに見立てられた箱も可愛らしく、ギフトとして贈ってみてもすごく喜ばれそうですね!

繊細な書き込み

こんなに細かい描画も、プリント技なら簡単に再現できます。
とてもプラバン工作だとは思えないような大人っぽいハイクォリティーなアイテムができあがりますよ。

こちらも細かい描画の印刷

セーターの模様の書き込みもさることながら、クマの微妙な表情の具合も、プラバンに直接書くのでは、なかなか思うようにはいかないはず・・・!

プリントプラバンの技を駆使すると、こんな細かい書き込みの図案も楽々作れちゃいますね♪
いろいろ試してみてください!

まとめ

いかがでしたか。

普通のプラバンを利用したプラバン印刷のやり方と、プラバン印刷の魅力についてお伝えいたしました。

プラバン工作は、子どものみならず、大人にも人気のクラフトになっていますが、プリント技を使うことで、更にオリジナリティのあるハイセンスな作品を作り上げることも可能にします。

プリントのテクニックについてはいろんなやり方がありますので、どうぞ無理をせずに、ご自分に合ったやり方で試してみられてくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事