更新:2015.6.3 作成:2015.6.3

夏の必需品もお洒落なインテリアに☆蚊取り線香の缶は自分流にリメイクしよう♪

そろそろ夏もまじかになってきましたが、夏につきものなのが小さい虫やハエが増えてきて夜もネグるいくなることです。そんな時にはお家に一つある蚊取り線香が大活躍ですが、専用の入れ物も自分なりにリメイクしてお洒落に仕上げるとインテリアにもなります。
❤︎ お気に入り

オリジナルの缶もリメイクしちゃえ♪

そろそろ買い揃えなければいけなとお考えになっている方も多い蚊取り線香ですが、専用の容器でもある缶はやっぱり自分好みにしたいですよね、蚊取り線香の缶もアンティークな風合いにすることによってインテリアにもなり、使い終わればそのまま別の物に使いまわしもできますよ♪

蚊取り線香の缶をリメイクする方法

材料

インクスプレーです。マットな仕上がりになるのがお好きな方にはストーン調スプレーがお勧めです。

カラーリングする

新聞紙をひいた上に缶を置きます。そしてそのままスプレーをかけてペイントしていきます。

ワインコルクを付ける

出来上がり!

これだけでも全く雰囲気の違う蚊取り線香の缶が出来上がりました!

別の色を塗っても

赤にペイントして蓋部分の柄を少し残しておくとアンティーク風な仕上がりになります。

ステッカーを貼って

ペイントした後にステッカーを貼っておくとよりお洒落な仕上がりになります。

ステンシルをして

ペイントの後にステンシルで仕上げると男前なインテリア雑貨になります。

実際に蚊取り線香を使ってもなんだかかっこいいです。

蚊取り線香の缶を色々なリメイクして

ペイントして

こげ茶のペンキを塗って黒とゴールドを混ぜた色をスポンジでたたくように縫っていけば簡単にアンティーク風な蚊取り線香の缶が出来上がります。


こちらもスポンジでアンティーク風にペイントしてステンシルで仕上げたものです。

赤茶のアクリル絵の具などを使って錆加工風に仕上げた缶も風合いがあってお洒落です。

ライムグリーンのペイントをして適当に剥がしたものに転写シールで仕上げても素敵な仕上がりになります。

クリーム色にペイントしてスタンプや切抜きなどで仕上げた缶も扇子を感じます。

ステッカーを貼って

こちらもスポンジでポンポンとペイントしたものにアンティークなステッカーを貼れば素敵な仕上がりになります。

ペイントした後に大きなステッカーを貼ってお菓子のパッケージの様な仕上がりにしても。

吸ってカーを貼ってからペイントを施したものもクールな仕上がりになっています。

赤のペイントを施して少し汚した風合いのステッカーを貼ったものも。

全体に英字新聞を貼ってもお洒落です。

壁紙を貼って

余った壁紙等を缶に貼ってもオリジナルの物ができます。

こちらは壁紙を貼った後にステンシルを施したものです。

塗装をはがして

缶の塗装を綺麗に剥がしてステッカーを貼ってもアンティーク風な仕上がりの物が出来上がります。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!