33945 VIEW

扉をつけるだけでお洒落に☆カラーボックスを使った技ありなリメイクアイデア術

カラーボックスは安く手に入れることができる家具の中の一つでシンプルなデザインで収納も出来てどんなインテリアにも合わせることができる万能アイテムですが、このカラーボックスに扉を付けるなどのリメイクすると更に素敵な物ができちゃいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年5月20日更新

単品でも重ねても使えるカラーボックス

カラーボックスは扉をプラスするだけで洒落なインテリアにも、複数のカラーボックスを使えば更に別の物になるなどリメイク方法も様々です。

更にペイントなどを施して自分が納得のいくまでリメイクを施すことができます。カラーボックスもホームセンターなどで簡単に手に入るのでこれを機会にあなたもリメイクに挑戦してみませんか?

カラーボックスは雑誌などの収納もたっぷりできるので重宝しますよね。

カラーボックスに扉をつける方法

材料

カラーボックスはあらかじめ白にペイントしておきます。

カラーボックスに設置する扉は木板やベニヤ板をサイズに切り分けておきます。

取り付ける

扉もホワイトにペイントをしたら、取っ手等をつけて蝶番を使ってカラーボックスに設置します。

元がカラーボックスだとはだれも思わないくらいの出来栄えになっています。

こんな仕上がりも

ペイントでシャビーに仕上げてよりお洒落に。

応用して様々な扉をつけて

冷蔵庫風に

カラーボックスを縦置きにして扉をつけると、冷蔵庫の様な仕上がになります。

カントリー風に

板を繋げて仕上げた扉はカントリー風の作りになっています。

アンティーク風に

カラーボックス全体に木板を張り付けて全く別の物にしてみるのも素敵です。ペイントでアンティークな仕上がりにしているのも素敵です。

こちらは渋いブラウン系のペイントを施して扉部分は磁石を使って開閉できるようにしています。

メッシュフレームを扉に

2段のカラーボックスにメッシュフレームの扉を使って仕上げています。グレーのペイントをアンティーク風に仕上げているのもお洒落です。

大きなメッシュフレームを使ってカラーボックスに扉を取り付けてナチュラルな仕上がりに。

横置きタイプもかなりいいです。

部分的に扉をつけて

全体にペイント等を施してアジアンテイストな扉をつけています。小さな引き出しも沢山着けて小物も収納できるように仕上げています。

横置きのカラーボックスに脚をつけてファブリックフレームの扉をつけると北欧風な仕上がりになります。

ベニヤ板の扉

ベニヤ板を使って扉をつけてもお洒落な仕上がりになります。

男前風に

カラーボックスに扉をつけて番号タグをつけると男前なインテリアにもなります。

カラーボックスを使って別の物に

2段のカラーボックスを使ってミニデスクえを作っています。ボックスにもしっかりと扉をつけて中身が見えないように工夫しています。

カラーボックスを重ねて板を取り付けると立派な家具としても活用できます。

縦置きしたカラーボックスを繋げて木板を取り付けるとキャビネットにも。

木板で隠れている分カラーボックスをベースにして作っているとは思えませんね♪

ガラス戸にアクリルシートを貼り付けて仕上げたキャビネットもとっても素敵です。

TVボードとしての活用ももちろんできます。

カラーボックスに扉や引き出しを沢山着けて一つの家具に仕上げているのもいいですね。

カラーボックスを重ねて食器棚としての活用もできます。

中に仕切りを沢山着けて使いやすさも考えられています。

黒板塗料を使った扉を使って仕上げたキャビネットもかっこいいです。

カラーボックスを意外な物にリメイク

チェスト風に

カラーボックスをチェスト風にしてお洒落なインテリアにも。

脚をつけて

カラーボックスに脚をつけてお気に入りの家具に。

テーブルに

カラーボックスにガラス板を置いてテーブルにもできます。

引き出しをつけて

引き出しをつけて全く違う用途の収納にも。

ベンチ風に

クッションなどを置いてベンチ風の収納もできちゃいます。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事