たくさん集めてリメイクアレンジ♪空き缶を使ったハイセンスな収納法

空き缶は丈夫な素材で出来ていますが、ペイントやデコレーションなどの加工がしやすくオリジナルのデザインも作ることができます。そんな空き缶を沢山繋げて首脳として使うのも小物やバラつきがちな文房具などの収納にも使えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年5月19日更新

たくさん集めておくと便利

空き缶を収納として使うには一つや二つではなかなか収納として活躍しにくいですが、たくさん集めておくとで繋げたり組み合わせて一つの収納として使用することができます。これを機会にあなたも空き缶を捨てずにとっておいてはいかがでしょうか?

空き缶の加工の仕方

からの空き缶はペイントや錆加工をして自分の好きな仕上がりの物を仕上げることができます。

空き缶の加工方法はこちら

シンプルに壁紙を貼るのも素敵な仕上がりの物になります。

空き缶を収納に活用

文房具入れに

空き缶をいくつが繋げて作るえんぴつやペン等の収納はオーソドックスではありますが、たっぷり収納も出来るのでとっても便利です。

レースや古新聞でデコレーションをしても素敵です。

麻紐をぐるぐる巻いた空き缶もナチュラルな仕上がりになります。

ピラミッド型に

空き缶をピラミッド型に重ねて収納にするのもお洒落です。

こうすると文房具も取り出しやすくなります。

沢山重ねるとインテリアにもなります。

仕切りに

小さなツナ缶などは引き出しの仕切り風収納にして整理整頓もばっちりです。

キッチン用品収納に

空き缶をキッチン用品の収納に使うのも一つのアイデアです。

壁に取り付けたタイプの収納も機能的です。

吊り下げて

空き缶の底を切り取り、空洞状態でいくつかつなげて天井から吊るすとラップやアルミホイルなどの収納にもなります。

壁に取り付けて

空き缶を壁に沢山取り付けた収納もインテリアになります。

壁の取り付けも好きなように出来るのでモダンなインテリアもこの通り。

大き目な空き缶も手袋や帽子の収納に使えます。

雑誌の収納に

空き缶を空洞にしてくるっと丸めた雑誌の収納に。

ブラシの収納に

空洞にした空き缶を壁に取り付けてブラシの収納にするのも一つのアイデアです。

棚にはめ込んで

棚の隙間に空き缶をはめ込んで収納スペースに利用しています。

ちょっとしたメモなどの収納にも空き缶があればスッキリします。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事