3125 VIEW

公開間近のアカデミー賞3部門受賞作品!!迫真の演技が注目の映画「セッション」まとめ

先月、第87回アカデミー賞が行われその中で作品賞を含んだ5部門にノミネート。3部門を獲得した映画作品の「セッション」。日本公開が2015年4月17日と公開日が迫ってきましたがすでに公開されている海外や国内の試写会ではかなりの評価を受けています。その「セッション」公開前の予備知識をまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年4月15日更新

原題は「Whiplash(ウィップラッシュ)」=ムチ打ち

映画「セッション」の原題は「Whiplash(ウィップラッシュ)」。意味は「ムチ打ち」といった意味合いがあります。この映画を総括したタイトルなのですが、邦題の「セッション」だとちょっと映画の内容とは違ってきちゃうのでは?といった声もあったようです。

そんな前評判のあった「セッション」ですが映画を見ればそんなことも吹っ飛んでしまうくらいの内容の濃さです。

ストーリー

ジャズドラマーを目指す主人公とその教師の戦いが息もつかない展開で描かれており、観客を魅了していきます。映画内の音楽も良い曲がおおく映画同様に音楽も楽しめます。

quote
名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、名物教師フレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。
quote
だがニーマンに待ち受けていたのは、常人には理解できない“完璧”を求める狂気のレッスンだった。

監督さんはどんな人?

デイミアン・チャゼル監督

今作が監督デビューのデイミアン・チャゼルさんは撮影当時28歳という若さで「セッション」を撮影しました。製作費も3億円という大作物とは比較にならないほどの安さと、わずか19日間の撮影期間で映画を作製しました。因みに脚本もデイミアンさんが執筆。

実はこの監督、過去にはプロのドラマーを目指していたのだとか。その時の指導者もこの映画と同じように怖かったそうです。

自身の過去の経験がこの映画をよりリアルのあるものとして映し出しているんですね。

個性豊かな出演者たち

主人公アンドリュー・ニーマン役マイルズ・テラー

この映画の主人公であるアンドリュー・ニーマン役は新人俳優のマイルズ・テラーさんが演じています。去年公開された「ダイバーエージェント」で注目されて以来、新作出演が増えている期待の新人でもあります。1987年2月20日生まれの28歳でこれからが注目される俳優さんの一人です。

「セッション」の出演が決まってから撮影期間が19日しかなかった以上にほとんどドラムの経験がなかった状態で撮影に挑んだそうです。素人とは思えないほどのドラム技術は圧巻です。

フレッチャーに認めてもらおうと、どんな状況でもドラムをたたき続ける主人公を熱演しています。

名物教師フレッチャー役 J・K・シモンズ

J・K・シモンズさんは1994年から様々な映画やドラマに出演し続けているベテラン中のベテラン俳優です。今作「セッション」でアカデミー賞を始めゴールデングローブなどで助演男優賞を総なめにしました。

JKシモンズさんと言えば「スパイダーマン」の編集長役としても存在感のあるキャラクターを好演していました。

「セッション」での迫真の演技はアカデミー選考委員も満場一致で彼を助演男優賞に選んだそうです。

JKシモンズさんはアカデミー賞でのスピーチに心温まる言葉を残し、喝さいを浴びていました。

quote
お母さん、お父さんに電話してください。あなたがラッキーで親が存命であれば、彼らに電話してください。メールじゃないですよ。電話してくださいね

映画「セッション」の特徴

とにかくドラムを叩く!

この映画の特徴は何と言っても「ドラムを叩く」の一言に限ります。

そして激しくドラムを叩き続けます。そんなジャズミュージックの映画「セッション」はこの春一押しの作品です。ぜひ映画館に足を運んで「セッション」をご覧になってください♪

『セッション(原題:Whiplash)』
公開日:2015年4月17日(金) TOHOシネマズ新宿ほか全国順次ロードショー
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー、 J・K・シモンズ
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事