実は簡単!?アメリカ発のスッキリまとめ髪♪ギブソンタックのヘアアレンジ方法

アメリカでは昔ながらのまとめ髪として定番のギブソンタックですが、見た目からして難しいように見えるこのギブソンタック、実はとっても簡単にまとめることができちゃうんです♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2015.3.18 作成:2015.3.18

ギブソンタックって何?

ギブソンタックとは低めの位置で髪をまとめるヘアアレンジのことを言います。19世紀のイラストレーターのチャールズ・ダナ・ギブソンがこのヘアスタイルの女性を好んで描いていたことが由来とされています。

海外では昔ながらのまとめ髪としてギブソンロールとしても定着しています。編みこみを入れたりコサージュで飾るなどしてアレンジも様々で、普段使いからパーティーまで幅広い応用が効くのも特徴のヘアアレンジになっています。

チャールズ・ダナ・ギブソンが描いた女性たちはギブソンガールと呼ばれていました。

パーティなどにはとても重宝するまとめ髪なんです♪

基本的なギブソンタックのやり方

ポニーテールを作る

少し低めの位置にポニーテールを作り、留めたゴムを緩める。

束ねた髪をさらにまとめていく

後ろで束ねた髪を緩めた部分にに練りながら押し込んでいく。

ピンで留める

押し込んだ部分にピンで固定していきます。コツは縦方向にピンを入れること。

後れ毛が気になる人は三つ編みなどをして整えます。

飾りを付ける

出来上がったら飾りを付けて

全体的にスプレーで固定すれば

出来上がり!

ギブソンタックの出来上がりです!

髪の長い人には

髪が長い方は、後ろでまとめた髪を一度緩めた部分に通してからまとめるとやりやすいです。

応用してルーズな感じに

きっちりしたギブソンタックもかわいいですが、ルーズな感じのまとめ方もかわいいですよ♪

後れ毛を出した感じも素敵です。

あえてサイド部分は残しておくのもいいですね。

The Simple Gibson Tuck - YouTube
ギブソンタックの簡単な方法を動画でも紹介していました♪

ギブソンタックのアレンジ

サイドに三つ編み

サイド部分は三つ編みを入れたギブソンタックです。三つ編みを入れただけでもエレガントな仕上がりになりますね。

長い髪用に

長い髪の方用ギブソンタックです。後ろで三つ編みを編んだらくるっとまとめてピンで留めるだけです。

2段のギブソンタック

髪をトップとアンダー部分で分けてからそれぞれギブソンタックを作ったまとめ髪方法です。シックでエレガントな仕上がりになっていますね。

サイド部分でギブソンタック

束ねた髪を中央部分にではなくサイド部分に押し込み、ピンでとめたタイプのまとめ髪です。

ヘアアクセサリーで仕上げても素敵ですね。

三つ編みをプラスして

サイドに多めに取った髪で三つ編みをして後ろはギブソンタック。サイドの三つ編みを後ろに持っていき更にピンで固定するとこれもまた素敵な仕上がりになります。

パーティーなどに使えるギブソンタック

くるんとカールして

ギブソンタックを作ったあとに、残しておいた毛先部分は細かく分けてクルクルとカールしていきます。

カールした毛先はピンで固定していきます。

パール付きのUピンなどで飾って出来上がりです!お祝いごとやパーティーにピッタリのまとめ髪になりました!

ヘアバンドでアクセント

ルーズに作ったギブソンタックにヘアバンドをプラスしています。女性らしい仕上がりになっていますね。

花で飾って

シンプルに作ったギブソンタックに花を添えただけでも素敵です。

大き目の花を添えても素敵です。

大きな花をいくつも添えるとゴージャスになります。

小さな花もギブソンタックに添えて清楚な感じに。

ティアラを添えて

ギブソンタックにティアラを添えたスタイルもかわいいです。結婚式などのヘアスタイルにどうぞ♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事