【100均DIY】100均雑貨で♥お洒落なウォールインテリアを楽しもう

お部屋の大部分を占める壁。100均でも手に入るウォールステッカーやウッドボックス、マスキングテープ等を使って、お洒落に変身させましょう♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年2月28日更新

部屋の中で最も多くの面積を占める壁。
まっさらで何もないと、殺風景な印象を与えがちです。
かといって、お金をかけて壁紙を変えたりするのも大変。
100均雑貨を上手につかって、お洒落でナチュラルテイストな
インテリアを楽しみましょう♥

ウォールステッカーを使う

何もない壁にシールを貼るだけで、簡単にお部屋のお洒落度をぐんとアップさせてくれるウォールステッカー。セリアやダイソーでも可愛いデザインのものを沢山見つけることができます♥
quote
ウォールステッカーは、ただ貼るだけではなくストーリー性を持たせて貼ると、空間に面白みが出ます。
quote
ソファなどの家具やカーテン、ラグなどのファブリックと色味を合わせたり、これらに使われている色が入ったウォールステッカーを貼ると、ワンランク上のセンスのあるお部屋になります。

こちらはインテリアステッカー。台紙のサイズ:(約)縦60cm×横40cmだそうです。

Before

After↑↑↑

ウォールステッカーを貼るだけで、こんなに可愛くなります!

キッチンはカフェ風インテリアを目指すインテリアなら、コーヒーのインテリアシールが相性◎です。

扉の横から生えた木がかわいいです♪

アルファベットのシールを貼ってもなかなかお洒落です。

小棚や、バンビ―の置物との相性も良いですね。テーマは「小さな森」だそう。

壁一面を大きなキャンパスのように使っています。一気にお部屋全体がアートな印象に。

実物の花と組み合わせると、一層華やかに!

マスキングテープをつかう

貼って剥がせる自由度の高いマスキングテープは何かと万能。
写真やお子様の絵を壁に飾る際の、額縁替わりとしても使えます。

ロフト等の雑貨店はもちろん、100均でもたくさんの種類が手に入るマスキングテープ。簡単に貼って剥がせるので、失敗したり飽きたりしても、気軽に何度でもやり直すことができますよ♪

写真と同じように貼れば、可愛いダイヤの形も簡単に作れます!

放射線状に貼るだけなら、難しいテクニックもいらずに簡単です。

ベッドルームにモノクロの街並み。

コンセントカバーのデコレーションとしても。

写真や絵と組み合わせて、額縁がわりに。

こちらでも、マスキングテープを使ったインテリア術を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪↓↓↓

フレームを使う

フレームもサイズや質感の異なるものをまとめて飾ると、
ワンランク上のハイセンスなウォールインテリアとして楽しめます。
1. 飾りたいアートを決める

2. 飾る予定の場所にそのアートを飾ると
どれくらいのスペースが更にあるのかを検討

3. 更に飾れるアートを選考&選定
quote
1. 飾りたいアートを決める

2. 飾る予定の場所にそのアートを飾るとどれくらいのスペースが更にあるのかを検討

3. 更に飾れるアートを選考&選定

フレームの大きさや数によって、印象もだいぶ変わります。あなたのこのみは、どのような並べ方ですか?

モノトーンのフレームと写真でまとめたウォールインテリア。シックな印象が大人な雰囲気を演出しています。

壁一面を、フレームで覆い尽くしてしまうのもアリかも!?

ウォールボックス・シェルフを使う

セリアでも大人気のウォールボックスやシェルフ。
これらを使えば欧州風のナチュラルインテリアも簡単に出来ちゃいますよ♪

ウォールボックスとシェルフの組み合わせ。ナチュラルテイストぐあいが素敵です。

英字新聞や造花、エッフェル塔のモチーフ等と組み合わせて可愛く♪

タイルと組み合わせてさらに可愛くリメイク♪アイアンナンバーや猫の置物も、セリアで購入できますよ。

シェルフとウォールステッカーのダブル使い。さらに日用使いのネイルの瓶などを並べて、カラフルでお洒落に。

ウッドフレームに、ウォールフック、ウッドボックス。100均雑貨を絶妙なバランスで使ったウォールインテリア。ぜひ、真似したいアイディアです!

いかがでしたか?

いずれも100均雑貨を使った、賃貸でもOKなウォールインテリアばかりです。
殺風景な壁をかわいくしたい!と思ったら
ぜひ、試してみて下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事