5052 VIEW

思わずよだれが出ちゃう「孤独のグルメ」のお店まとめ【Season1編】

去年の夏にSeason4が放送された「孤独のグルメ」。深夜帯に放送され主人公の食べっぷりから「飯テロドラマ」とまで称された番組です。この記事ではその「孤独のグルメ」Season1で紹介されたお店をまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年1月28日更新

孤独のグルメとは

主人公の井之頭五郎(松重豊)がその土地の食堂やレストランなどをドラマ形式でご紹介していくドラマです。なんとなく入ったお店で食事を食べ、後半のラストスパーートシーンは思わず息をのんでしまいます。毎回脇役に著名な俳優さんが出演しているのも見どころで、番組最後には原作者が出演しています。
quote
「孤独のグルメ」は、基本、五郎さんの心の声を軸に話が進みますが、要所要所でお店の人やお客さんとのコミュニケーションもあり、何とも楽しそう。しかも五郎さんはお酒を飲まないこともあり、礼儀正しい。独身で、好きな仕事をして、上司も部下もいなくて、通な店を発見して、好きなものを好きなだけ食べる。

第1話「江東区 門前仲町のやきとりと焼きめし」

quote
商用で「門前仲町」のとあるカフェを訪れた井之頭五郎。
明るすぎる女性店長に疲れを感じた五郎だが、その後ふらりと入った素敵なアンティークショップに立ち寄り、癒される。
その後門前仲町をぶらりと歩きながら見つけた今日のグルメは、小さな居酒屋のやきとり、そして焼きめしであった。

庄助 (しょうすけ)

住所:東京都北区中里1-8-7
TEL:03-3643-9648
交通手段:駒込駅東口徒歩3分/駒込駅から248m
営業時間:AM11:30~PM13:30/PM17:00~PM22:00 (L.O PM21:30)
定休日:日曜日

第2話「豊島区 駒込の煮魚定食」

quote
昔からの得意客、画廊のオーナーを訪ね、駒込にやってきた五郎は、公園で将棋を指す老人達と出会う。いっしょになって将棋を指すうちに、父から将棋を習った子供の頃に心はワープしていく。しかしそのうちに腹がすいてきて・・。

和食亭 (わしょくてい)

住所:東京都北区中里1-8-7
交通手段:駒込駅東口徒歩3分/駒込駅から248m
営業時間:AM11:30~PM13:30/PM17:00~PM22:00 (L.O PM21:30)
定休日:日曜日

第3話「豊島区 池袋の汁なし担々麺」

quote
池袋のマンションギャラリーに呼ばれた五郎は、池袋駅前で怪しげな雰囲気の男にティッシュを渡される。マンションギャラリーでは美しいスタッフに迎えられ、ひと時の幸せを感じる五郎だったが、そこには鬼の上司がにらみをきかせていた。
その後、お腹がすいた五郎は池袋をさまよい歩く。ふと気付くとそこは中華激戦区だった。

中国家庭料理 楊 池袋店 (ちゅうごくかていりょうり やん)

住所:東京都豊島区西池袋3-25-5
TEL:03-5391-6803
交通手段:東京メトロ丸ノ内線池袋駅1b出口より徒歩2分
山手線池袋駅西口より徒歩3分
西武池袋線池袋駅西武南口より徒歩3分
池袋駅から332m
営業時間:
[月~金]11:30~13:30/17:00~22:30(LO)
[土・日・祝)12:00~14:00/17:00~22:00(LO)
定休日:不定休

第4話「千葉県 浦安市の静岡おでん」

quote
結婚式場の調度品の打ち合わせで、浦安市を訪れた五郎。
駅から一歩出て、その西海岸のようなヤシの木と金髪女性に唖然。気分もほころび顔もほころんでいたのか、なぜか結婚式場で結婚を控えた客に間違われた。結婚間近の新婦のウエディング姿を見ているうちに、ふと、昔の恋人、小雪(さゆき)のことを思い出すのだった。

[閉店]ロコディッシュ

第5話「杉並区 永福の親子丼と焼うどん」

quote
最近の五郎はついていなかった。
突然のキャンセルが相次いだり、商品到着が遅れたり・・・
今日はお付き合いの長いお得意様と食事の約束だったのだが、それもキャンセルされてしまった。
何となく歩いていると、目の前に突然釣り堀が・・・
何気なく入ってみると、そこには謎の男がいた。
「そんなに焦っていちゃ魚もにげるさ」
五郎は自分を振り返る。俺は焦っているのか・・・

つり堀 武蔵野園

住所:東京都杉並区大宮2-22-3
TEL・予約:03-3312-2723
交通手段:京王井の頭線永福町駅より京王バス新高円寺行5分、和田堀公園入口より徒歩2分
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日

第6話「中野区 鷺ノ宮のロースにんにく焼き」

quote
五郎が鷺ノ宮の駅に降り立ったのは、二つの理由があった。
ひとつは店舗改装に当たってのコーディネートの依頼。
もう一つは旧友との再会だった。
旧友吉野は、五郎に輸入雑貨商が何たるかを教えてくれた男だった。

とんかつ みやこや

住所:東京都中野区鷺宮3-21-6
TEL:03-3336-7037
交通手段:西武新宿線、鷺ノ宮駅より徒歩3分/鷺ノ宮駅から127m
営業時間:11:30~15:00/17:30~24:00

第7話「武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン」

quote
井之頭五郎はジャズ喫茶マスターに呼ばれ、吉祥寺に降り立った。
吉祥寺名物のメンチカツをお土産に買おうと店の前に並ぶと、売り出しの数分前。コロッケを買おうか迷っているうちに数分が過ぎ、レジの前は長蛇の列。
調子が狂う五郎だったが、なんとかメンチカツを購入、マスターのところへ行くが・・・なんだか今日の五郎はおかしい。

カヤシマ

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-9
TEL:0422-21-6461
交通手段:吉祥寺駅から326m
営業時間:11:00~24:00
定休日:年中無休

第8話「神奈川県 川崎市 八丁畷の一人焼肉」

quote
井之頭五郎は愛車でお得意様を空港まで送った帰り、ふと川崎に立ち寄る。
そこ一帯は工場が広がっている。
黙々と煙を出す煙突。なぜか五郎の心は癒されるのだった。
そのうちお腹のすいてきた五郎が八丁畷の町をぶらついていると、ふと一軒の焼肉屋に無性に惹かれた。しかし残念ながら満員。仕方なく、また町を歩いてみるがなかなか心がきまらない。

つるや

住所:神奈川県川崎市川崎区日進町19-7
TEL:044-211-0697
交通手段:八丁畷駅から360m
定休日:火曜日+不定休

第9話「世田谷区 下北沢の広島風お好み焼」

quote
五郎が街を歩いていると、篠宮を見つけた。
後を追うと、なんだか美味しそうな食べ物が売っているお店の前で立ち止まる。
五郎が美味しそうな食べ物に気を取られている隙に篠宮を見失ったかと思ったら、目の前に篠宮が・・・尾行に気づかれていたのだ。
突然泣き出す篠宮を喫茶店に誘う五郎。
慰めの言葉も思いつかず、ラストシーンの笑顔が素敵でした、そう言って、途中で買った食べ物を渡すのだった。

広島のお好み焼 鉄板焼 HIROKI ひろき

住所:東京都世田谷区北沢2-14-14
TEL:03-3412-3908
交通手段:京王井の頭線下北沢駅 南口 徒歩3分 小田急線下北沢駅 南口 徒歩3分
下北沢駅から162m
営業時間:12:00~22:15(L.O.21:30)
定休日:無休

第10話「豊島区 東長崎のしょうが焼目玉丼」

quote
井之頭五郎は東長崎駅近くの喫茶店で、業界人の安田に呼ばれて、映画の小道具に使う皿の相談を受けた。
「ピッと・・・ズバッと・・・シュッとして・・・」
安田の言っていることが理解できない五郎だった。
その後、近くの公園を歩くとそこは学生の街、思い思いに過ごしている学生たちがいた。
そのうちお腹がすいてきた五郎は、この町に来てはじめに目に付いた定食屋さんに入る。

[閉店]せきざわ食堂 せきざわしょくどう

第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」

quote
井之頭五郎は今日、後輩のマキを訪ねて日暮里の駅を降り立った。
スカイツリーが見える。
「おっきーい!」と子供が指差したのは、五郎だった。
猫が日向ぼっこをしているだんだん坂を歩いて行くと、饅頭屋さんが目に留まる。
かりんとう饅頭なるものを味見すると、カリッとうまい。手土産にして根津にあるマキのお店に向かうとマキはサンドイッチで昼食中だった。
織物教室兼フランス雑貨のマキのお店では、店長のボストンテリア、キュウ太がお迎え。お店もなんとか軌道に乗り、地元になじんで楽しいと話すマキを見てほっとする五郎だった。

すみれ

住所:東京都文京区根津2-24-8
TEL:03-3821-8941
交通手段:
千代田線根津駅徒歩5分
根津駅から285m
営業時間:18:00~25:00
定休日:水曜日

第12話「目黒区中目黒 ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き」

quote
井之頭五郎は新規の顧客、古着屋さんのオーナーを訪れるため、中目黒の駅に降り立った。
朝ご飯を食べる間がなかった五郎がお店を探していると、ベビーカーに赤ちゃん連れの、中目黒風の奥さまと出会う。
その後あわてて食事をし、時間通りに古着屋さんに到着すると、そこには少女のような店員さん、と思いきや
「オーナーは私です」
「こんな可愛くて若いオーナーとは」五郎は驚くも、日本の明るい未来にほっとするのであった。

アグー豚と沖縄料理のお店 草花木果 SokaBokka そーかぼっか

住所:東京都目黒区上目黒2-7-11
TEL:03-5722-1055
交通手段:中目黒駅徒歩1分/中目黒駅から162m
営業時間:
[月~金] 11:30~15:00 17:30~翌2:00
[土] 17:30~翌2:00
[祝] 17:30~翌1:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、
夜12時以降入店可、日曜営業
定休日:年末年始など

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事