5525 VIEW

世界のお正月行事集にみる文化

日本でお正月に除夜の鐘を108回つく文化があるように、世界には国の分だけ様々なお正月が存在します。「え!こんなことするの!?」と思わず驚いてしまう、そんな世界のお正月文化を集めてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年12月28日更新

カカシを燃やす(エクアドル)

quote
南米・エクアドルでは、新年を祝うため紙で作られたカカシ(スケアクロウ)や去年の写真を焼き払い新年の幸運を祈ります。

顔写真も燃やす(エクアドル)

カカシを燃やしたり、写真を燃やしたり。エクアドルの大晦日は明るそうです。

quote
これには過去を処分する意味合いがあるそうです。エクアドルでは大晦日の夜は、国中がを顔写真を燃やす炎の色で埋め尽くされるといいます。

1日に7回食事をする(エストニア)

7回の食事をしたら、その人は次の年に7人分の力をもつことができると言われているんだとか。

quote
エストニア人は元旦に7回食事をするそうです。これには新年に豊富な食料を確保できるようにという願いが込められています。

派手な色のパンツをはく (ブラジル、メキシコ、ボリビアなど)

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

  • 月間人気ランキング

    今月もっとも見られている記事