5670 VIEW

世界のお正月行事集にみる文化

日本でお正月に除夜の鐘を108回つく文化があるように、世界には国の分だけ様々なお正月が存在します。「え!こんなことするの!?」と思わず驚いてしまう、そんな世界のお正月文化を集めてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年12月28日更新

カカシを燃やす(エクアドル)

quote
南米・エクアドルでは、新年を祝うため紙で作られたカカシ(スケアクロウ)や去年の写真を焼き払い新年の幸運を祈ります。

顔写真も燃やす(エクアドル)

カカシを燃やしたり、写真を燃やしたり。エクアドルの大晦日は明るそうです。

quote
これには過去を処分する意味合いがあるそうです。エクアドルでは大晦日の夜は、国中がを顔写真を燃やす炎の色で埋め尽くされるといいます。

1日に7回食事をする(エストニア)

7回の食事をしたら、その人は次の年に7人分の力をもつことができると言われているんだとか。

quote
エストニア人は元旦に7回食事をするそうです。これには新年に豊富な食料を確保できるようにという願いが込められています。

派手な色のパンツをはく (ブラジル、メキシコ、ボリビアなど)

新年に赤色のパンツをはいていると。新しい恋人が見つかるとも言われているそうです。

ちなみにブラジルでは、新年になる少し前にイエローパンツへ「履き替える」ことで、運気も履き変わると信じられているそうです。

quote
派手な赤や黄色などのハッキリとした色のパンツを大晦日の夜からはけば、新年に運気を掴む事ができると信じられています。

クマの着ぐるみを着る(ルーマニア)

どうやら、本物の熊の毛皮で作られているらしい。キリスト誕生以前からこの地方に伝来する太古の伝統舞踊で、死者の一時的な帰還を祝うものなんだとか。

quote
ルーマニアにはクマの毛皮をまとい、歌って踊りながら家々を回る伝統的な新年行事があります。災厄をはらうのが目的で、ルーマニア版の獅子舞といったところです。

正月はバケツの水をかける(プエルトリコ)

大晦日の日には窓からバケツの水を放り投げて、古い年を洗い流すそうです。

quote
これは日本の年末にする大掃除と同じ概念からくる風習です。どういう事かと言うと、プエルトリコでは古い年を洗い流し、新しい年を迎えようという考えがあります。

お皿を隣の家のドアに投げつける(デンマーク)

お正月に家の玄関にたくさんの割れた食器がある家庭は、それだけ多くの友人がいる、と捉えられるそうです。

quote
お皿を投げつけられた家は幸せになると信じられています。たくさんのお皿やカップなどの食器を投げつけられた家庭ほど、ラッキーな家庭だとされています。

凍った湖に飛び込む(シベリア)

quote
シベリアでは、凍った湖に丸太を持って飛び込みます。考えただけで息が止まりそうですね・・・。

殴り合いの喧嘩をする(ペルー)

quote
ペルーのとある村では、「タカナクイ祭」というお祭りを大晦日に開催します。その内容がまた興味深いのですが、村人同士で殴り合いの喧嘩をし、彼らのいざこざを解決します。
quote
参加者の動機はさまざまで、「略奪愛」をめぐる騒動の当事者や、単に殴り合いのスリルを求めて出場した人もいる。

硬貨を入れてケーキを焼く(ボリビア)

quote
ボリビアでは、コインをしのばせたケーキを焼き、コインを当てた人は、その年は幸運に恵まれるとされています。

一日中スーツケースを持ち運ぶ(コロンビア)

希望をスーツケースに詰め込む。なんだかお洒落ですね♪

quote
コロンビアでは、希望を集めてくるように元旦にはスーツケースを一日中持ち歩くことがあります
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事