5775 VIEW

こどものアレで作る「ゆで卵」がスゴすぎる【文化】

世界には様々な文化があります。中国ではとても変わった「ゆで卵」があるのです。日本ではとても考えられない…変わった習慣なのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年12月20日更新

中国の春の味覚「童子蛋」

浙江省東陽市では、毎年3月ごろに春の風物詩として、「童子蛋」というゆで卵が販売されます。

こちらが「童子蛋」

中まで味が染みていそうですね。

quote
2008年には東陽市の無形文化遺産にも登録されたほど由緒正しい料理
実はこのゆで卵、子供のおしっこで茹でられているのです…

「童子蛋」が出来るまで

quote
「童子蛋」を作る作業は、卵を食べる日「清明節」の2週間前から開始
quote
この料理に使われるおしっこは10歳未満の少年のものでなくてはならないため、地元の小学校や幼稚園におしっこを集めるためのバケツが配置されます。

病気のない健康な10歳未満の男子は、このバケツに用を足します。

quote
集められた尿は、露天商らが回収し、まずは大鍋に入れられ、そこに卵を加えて茹でる。

あー…茹でられていますね…

quote
茹ったら、今度はその卵の殻をむき、回収したばかりの新鮮な尿に漬けみ、更にもう一度煮つめていく。

一度だけでなく二度も…

なぜ子供の尿を口にするのか

日本ではまず考えられませんが、なぜ中国ではこのような料理を思いついたのでしょうか。
quote
子どもの尿には、解熱作用があり、血を浄化する「人中白」という物質が含まれているそうで、中国では体に良いとされている。
quote
「童子蛋」の歴史は古く、食べるものが少なかった古代、尿の結晶である漢方薬「人中白」とタマゴの栄養を同時に取れる食品だったのだとか。

東陽市民の反応はさまざま

この光景も春の風物詩なのでしょう。

街のあちこちで売られている「童子蛋」。
健康にいいからと良く食べる市民もいれば、「気持ち悪い」と食べたことがない市民もいたりと反応はそれぞれのようです。

味覚も人それぞれなので、好きな人は病みつきになる味のようです。
ただ、匂いは結構強いとか…

quote
「味はまあまあ。でもにおいはやっぱりひどい」「いい味だよ。おいしい。ただしょっぱいね」
「ピータ ンとアヒルのタマゴの塩漬けを足したような感じ」
「いいにおい。おいしい。一気に3~4個食べてしまった」
「あんかけ面みたいな味だね。1個食べるのに3 杯も水を飲んじゃったよ」
ちなみに…
quote
中国の医療専門家達の間では、尿を使う事の衛生的な面において、賛否両論があります。
体の不要物が排出させる尿は体に良いとはいえない、という意見ももちろんあるようです…
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事