重曹よりスゴい!?セスキ炭酸ソーダを利用した簡単掃除術

重曹より強力な「セスキ炭酸ソーダ」。強力と言っても使いやすく、ほどほどの力を発揮して、手荒れもあまりないので、安全に年末の大掃除ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年12月17日更新

『セスキ炭酸ソーダ』と『重曹』の違いって?

quote
「『セスキ炭酸ソーダ』は、“重曹”と“炭酸塩”、双方を混合させたもので両方の性質を併せ持つ」」ものである。と言うことができます。『セスキ炭酸ソーダ』の方がアルカリ性が10倍ほど強い=汚れ落とし効果が強い。

100均でも買うことができます。テレビで紹介されてスグは品切れが続いていましたが…。

quote
重曹は水に溶けにくい性質に比べ、セスキ炭酸ソーダは水にすぐ溶けます。油脂をある程度乳化することができることと、タンパク質をある程度分解することができるということが洗浄力になって汚れを落とすからくり。

セスキ炭酸ソーダの特長と、セスキ水が使えない物

quote
特長】油汚れ・皮脂・手アカ・血液などタンパク質汚れに強い  使えない物】水拭きできないもの,白木など水がしみ込みやすいもの,漆塗りやニス塗りの家具、漆器,アルミ・銅・真鍮,たたみ、革製品,金銀などの貴金属製品

基本のセスキスプレー

用意するもの】 水500ml,セスキ炭酸ソーダ小さじ1,スプレー容器  作り方】スプレー容器に分量の水を入れ、セスキ炭酸ソーダを溶かします。濃度は、汚れの程度にあわせて加減してください。

耐油性のスプレー容器なら、基本のスプレー液に好みの精油を2,3滴混ぜ、香りづけすることもできます。精油とセスキ炭酸ソーダ液は分離するので、使う直前に充分に振り混ぜましょう。

キッチンのお手入れ

セスキ炭酸ソーダで換気扇の掃除手順

quote
毎日「忙しい!」を理由にお掃除をサボっている私としては、年末にガッツリとお掃除する道しかありません。我が家のキッチンの換気扇は1年どころか3年も掃除していません……。
※↓ガッツリ掃除の仕方

しっかりカバーすることで、頑固な汚れも取れるのでしょうね。

キッチンの場所別、簡単掃除術

quote
換気扇】油でベトベトの換気扇に基本のスプレーを吹きかけ、汚れが浮いたようになってきたらぼろ布で拭き取ります。拭いた後は水拭きしてください。
※↓汚れがひどいときは
quote
ガスレンジ・クッキングヒーター】 油で汚れた天板や五徳などに基本のスプレーを吹きかけ、汚れが浮いたようになってきたらぼろ布で拭き取ります。拭いた後は水で洗い流すか、水拭きします。
※↓汚れがひどいときは

コンロ周りの掃除に絶大な威力を発揮! ぜひ試してみて!!!

汚れがヒドイ場合は、同じ油汚れなので、換気扇の部品と、ガスレンジの部品を一緒に、しばらっくセスキ水につけておくのもいいかもしれませんね。

quote
シンク、排水口、三角コーナーのぬめりを落とす】 スプレーして数分置いてからスポンジやウエスでこすります。研磨剤としてここに『重曹』を加えるとパワーアップします。
quote
さらに『酢』や『クエン酸』水溶液を加えて発泡させると洗浄力がさらに増します。『セスキ炭酸ソーダ』には、酸性の悪臭を中和して消臭する効果もあります。
quote
レンジフード】 レンジフードにセスキ炭酸ソーダスプレーをふりかけ、ラップをクシャクシャにしたものでこする。ラップで汚れをこすったら、水拭きし、仕上げに乾拭きをします。調理スペースも同じように掃除しましょう。

油ものに使って汚れが落ちなくなったお鍋に!

quote
お鍋の汚れが気になる部分にセスキ炭酸ソーダスプレーを振りかけてメラミンスポンジでこすり落とします。

リビングなどの掃除

quote
バケツにセスキを大匙1杯。好みで精油を入れると香りも部屋中香って汚れも落ちるので一石二鳥です。どこでも、タオルを絞ってお掃除してください。赤ちゃんやペットがいる方で洗剤をとても気になってという方にはこれで解決です。

洗面所~トイレの部分のクッションフロアのお掃除

黒ずみは中性洗剤では落ちないそうです。

quote
特に洗面台の正面の床は黒ずみが気になっていました。全面にスプレーしてしばらく放置。汚れが気になる部分はティッシュで湿布をしました。ある程度浸透した頃合いで、ぞうきんでゴシゴシこすると黒ずみ、だいぶん薄くなりました。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事