進撃の巨人展が森美術館にて開催!

今や世界的な大人気漫画となった「進撃の巨人」展が上野の森美術館で開催!描き下ろし生原稿の展示や3D映像による360°体感シアター等、盛りだくさんの内容を楽しめます。五感で感じる「進撃の巨人」はもはや芸術。ファンの方もそうでない方も、これは必見です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年11月28日更新

人気漫画「進撃の巨人」展が森美術館にて開催!

上野の森美術館で「進撃の巨人展」が11月28日から開催されます!

quote
コミック累計発行部数4000万部を超える漫画「進撃の巨人」の展示が2014年11月28日(金)~2015年1月25日(日)に上野の森美術館で開催されます。
quote
“進撃の巨人展”では、そんな『進撃の巨人』の生原稿や、作品をテーマにした映像など、さまざまな『進撃の巨人』を楽しめる。
quote
入館料は一般・大学生 2,000円、中・高校生 1,500円、4歳~小学生 1,000円。入場は全日日時指定制となる

今や世界的に注目を集める「進撃の巨人」

quote
コミック累計発行部数4000万部を超える漫画「進撃の巨人」。
quote
圧倒的な力を持つ巨人たちに人類が絶望的な戦いを挑む姿を描いている
quote
海外でも翻訳版が人気を集めるなど、日本のみならず世界中に衝撃を与えつづける同作品
quote
アニメやゲームはもちろん、映画CM、多数の企業とのコラボレーション企画などあらゆるメディアに広がりを見せ、その勢いはとどまるところを知りません

魅力的な企画が満載

quote
企画展は原画の展示はもちろん、本物の「巨人」かのような立体造形、音や衝撃を駆使した大型映像、最新の映像技術による立体映像体験などで構成。
quote
ヘッドマウントディスプレイで「進撃の巨人」の3D映像を体験する「360°体感シアター“哮こう”」も楽しめる。

あのエレンの声優である梶裕貴さんも360°体感シアターを体験。

quote
会場では、まずオープニングシアター「上野、陥落の日」を鑑賞。一気に「進撃の巨人」の物語世界へと誘う、全身体感型シアターだ。一人の“人類”である観覧者は、巨人と遭遇し、恐怖と絶望を体験する。

かなりの迫力らしいです。これはかなり期待できそう。

quote
次に登場するのは、「生原画 + 諫山創 特別描き下ろし原画」の数々。原画を通して諫山創の独特の作品世界が生まれるプロセスにふれることができる。

壁には多くの原画が展示されている。作者のコメント付きのものもあり、ファンは必見だ。

カラー原画も展示されています。原画の展示は本展が初めてで、今回特別に描き下ろした画も同時に公開されているとか。

作品に登場するアイテムを再現したコーナーもあり、ガラスに覆われていないものは実際に触れることもできるらしいです!

quote
今回の目玉、「リアルスケール超大型巨人」は、なんと“1分の1”リアルスケールで立体造形された「超大型巨人」を鑑賞することができる。

11月27日に開催されたオープニングセレモニーの様子。リアルスケール超大型巨人の頭部に驚くタレントの吉木りささんと千原せいじさん。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事