コワすぎるイマドキの合コン談【2014】

合コンは素敵な相手とめぐり逢うための楽しい場であると思ったら、大間違い!イマドキの合コンに関するちょっとコワーい話を集めました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.11.16 作成:2014.11.16

陰で言われてるかも…

quote
電車内で合コン帰りらしい女子たちの会話「Aさん私に来週遊ぼうって言ってきた」「マジ?私も言われたんだけど。」「じゃあ同じ日をぶつけてみようよ」「Bさんの財布みたら三万入ってた」「お金もってそうだから何か買ってもらおう」こ わ い で す

Aさん、Bさん、遊ばれてますよー

quote
帰りの電車で、ギャルが合コンにきた男子について講評していた。「ジャガイモみたいな奴いたしw」「あーいたいた!あの豚ねw人参みたいな顔色の奴だろ、豚人参だろアレw」「つか、私の横にいた玉ねぎ頭マジきもい!今日のはないわ~」という会話を聞いて、今日はカレーにしようと思った。

ギャル達のたとえセンスに脱帽(笑)

quote
この間初めて合コン行ってきた。いつも思うけど胸チラ見の視線は大体気づいてるから。

世の殿方!女性はみんな気づいていますよ!

quote
いま電車で前の女の人の会話聞いてたら「あの時の合コンに来てた人、ケミストリーの堂珍みたいな人と藤木直人みたいな人とスマートフォンみたいな人だった」とか言ってて怖くてたまらない

スマホのような人がどんなだったか気になってしかたがない…

quote
合コンで緊張してずっと沈黙していたら「セガール」ってあだ名がついた

セガールと沈黙の奪還

quote
昔の話であるが、合コンの後に「来週会えませんか?」とすぐにメールが来て、大喜びで予定を潰して飲みに行ったところ、ネズミ講の勧誘だったことがあった。

意外とこの手の詐欺はあるかもしれませんよ!気を付けて!!

小学生も合コン

サイゼリヤで合コン

小学生も合コンする時代なのですね!これには衝撃!

quote
イマドキの小学生はサイゼで合コンかよガタガタガタガタガタ

合コン用語なるものも登場

ほんとに、こういうの使うんですかー!?

quote
合コンの帝王としてお笑い会で有名なカラテカの入江氏。
彼が作った合コン用語が秀逸だと話題に
quote
・アースマラソン...タクシー代がなくて、走って帰ること。
・ゴッホ...コンパ中はそうでなかったけど、家に帰ってから「あの子かわいかったな~」と後悔すること。(ゴッホが亡くなってから評価されたことからきている。)
・関ヶ原...10対10以上のコンパのこと。
・中山ひでちゃん...コンパ中にすぐ「うち来る?」と聞いてくる男子のこと。
・モンスターハンター...ブスをお持ち帰りすること。
・アラフォー...サイフの中身が、4000円程度の状態。
・コロンブス...遠くからやってきたブスのこと。
・蓮舫...サラダを仕分けしてくれる女子のこと。
・TBS...テンション、バリ下がる。
quote
合コン用語が怖すぎて震えた。 やっぱ合コンとかやだ。・゜・(ノД`)・゜・。
quote
合コン用語怖すぎる… ウチ絶対コロンブスて言われる…

コロンブス=遠くからくるブ…

合コンも今やビジネス

quote
まず、合コンしたいメンバーを揃え、その会社に申し込むとその会社が合コンしたい異性を斡旋してくれる。そして、会費は大体3000円くらいなのでしょうか。その会社を介してなので、全く知らない者グループと合コンすることになる。
quote
これも夜の合コンのようにダラダラ長く居合わせることなく、これから仕事なんでと言った感じでスパッと場を後に出来る。なんかなあと思った人と何となく断れなくて過ごすこともない。
合コンは幹事が人数を集めてセッティングするものとばかり思っていたら、今は変わってきているそう。業者に頼めば、面倒な手間をかけずに合コンを開くことができるようになっているのですね。
いいなと思える人がいない時は、手短に合コン終了~というのもイマドキならでは。

【合コン後】脈なしLINEはコレ

既読スルーよりシビアな未読スルー…

quote
気のない女性のメッセージは「未読スルー」が当たり前!
quote
返事は5文字未満!やり取りは同じスタンプが主流
quote
自分に対して興味を示さず「何も」質問されない
quote
「明日からまた一週間がんばりましょう」
合コン後の連絡は最近はLINEが多いのでは。
でも相手がそっけない反応の時は、脈なしのサイン。
空気を読むことも時には大事なのです。。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事