1日5分で効く!むくみ解消ですっきり脚美人になる方法

ダイエットしても足だけやせない!そんな経験も多いのでは。
日本人に多いと言われる下半身太り。その原因のひとつに「むくみ」があります。
今回はむくみ解消法についてまとめました。
5分あればできる!手軽な方法をご紹介します。
目指せ!脚美人。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年10月5日更新

なかなか痩せない下半身。その原因は?

quote
上半身や顔はそんなに太っていないのに下半身だけにお肉がついている下半身太りは日本人には多いそうです
下半身太りの原因は大きく分けて3つあります
quote
むくみの慢性化
筋肉太り
骨格太り(骨盤の歪みや開き)
quote
下半身の贅肉がなかなか取れない人は
生活習慣の見直しがかなり必要な気がします。



一番の強敵は、「むくみ」と「ゆがみ」。
女性の7割がこの「むくみ」に悩んでいます。

足のむくみはなぜ起こる?

quote
足のむくみの原因は、疲れや冷えからくる血行不良が原因となっている「老廃物」です。
quote
脚(足)は、心臓から一番遠い部分にあるため、特にむくみやすいのです。血液が重力に逆らいながら心臓に戻るには、筋肉の力が必要ですが、女性は筋力が弱いので、男性に比べるとむくみやすいのです。
quote
むくみは放置することで老廃物と脂肪がくっついてセルライトになってしまい、いずれは下半身にたっぷりと脂肪がついてぶよぶよの洋ナシ体型になってしまうのです。
ただのむくみだから…と放っておいては大変!
セルライトができ、下半身がどんどん太っていってしまうのです。
quote
通常であれば、血液が溜まっても、眠る時に横になることで、脚元に溜まった血液が循環して「むくみ」もリセットされます。しかし、ひどい場合は、積み重なりによって血液の循環があまり起こらず、慢性的に脚が「むくみ」で太くなってしまうのです。このため、こまめに血液を心臓の方へ戻す習慣をつける事をおすすめします!

5分あればできる!簡単なむくみ解消法

むくみ解消のためには、足から心臓に血液を戻す習慣が大切なのですね!
では、具体的な方法についてみてみましょう。
それぞれ5分あればできる内容です。すきま時間にやってみてください。

10秒でOK。ぶらぶら体操

ぶらぶらぶら~
心臓に血液を戻します

quote
手足を天井に向け、力を抜いた状態でブラブラブラ~振ってください。

これを10秒程度行ってください。

布団の上でできるむくみ解消ポージング

quote
1)布団の上に仰向けに寝転がって、両脚を高く、真っ直ぐに伸ばします。

(2)伸ばした脚を左右クロスさせてそのまま4秒くらいキープします。このとき左右の足に力を入れ強くクロスさせると効果的です。

(3)左右のクロスを入れ替えて、再度キープします。

(4)(2)と(3)の手順を5回繰り返したら、両足を下に降ろしてリラックスしましょう。

足首中心のストレッチ

quote
1)まず、両手を開いて床にあおむけに寝ます。脚を真上に持ち上げ、両足のつま先、親指の付け根をつけたまま足裏を天井に向けます。

(2)そのまま、足のつま先を動かして天井に向けます。このとき、足首をぐっと伸ばします。1と2の動きを1セットとして5セット繰り返します。

(3)その後、両足のかかとをつけたまま、つま先を開きます。

(4)そのままつま先だけを閉じて、両足の親指の付け根をつけます。このとき、膝は動かさないように注意します。3と4の動きを1セットとして、5セット繰り返します。

太もも・ふくらはぎスッキリストレッチ

quote
・まずは自然に両足立ちをしましょう!
         ↓
・次に脚をクロス(どちらかの脚を片方の脚の前に置く)して立ちます!
         ↓
・息を吐きながらゆっくりと両手を床に付けるように腰を曲げます(手が付かない場合は、いすやテーブルを脇に置き、それに手を添えて下さい)!前にクロスした脚の膝は若干曲がることになります。
         ↓
・10秒ほど同じ姿勢をキープします!
左右交互に3回ずつ。
太ももの裏、ふくらはぎが伸びているのを感じて。

ふくらはぎのむくみに。かかとの上げ下げ運動

quote
・立ったままつま先立ちをします!
         ↓
・3秒ほど同じ姿勢をキープします!
         ↓
・ゆっくりと踵を下します!
5、6回しましょう。
バランスが不安定であれば何かにつかまってもいいですよ。
バスや電車での通勤に取り入れても◎

ツボを押す

quote
つぼの押し方

イスや床に座ってやさしく指圧しましょう。3秒かけて息を吐きながらつぼを押し、3秒かけて息を吸いながら力を抜きます。
上から順に(委中→承筋→承間→承山の順)に指圧を行い、1分程度行うと良いでしょう。

リンパマッサージ

足の裏を押す

左右10秒ずつ。

quote
両手で足裏を包み込むようにして、親指を使って足裏全体を押します。

足指をもむ

左右10秒ずつ。

quote
両指全体をマッサージ。指の付け根から、足先に向かって、1本ずつ丁寧に指先の腹で少し引っぱるような感じでテンションをかけて、つまむようにしてもんでいく。
quote
足首から太ももの付け根にある鼠径リンパ節に向かってマッサージしていきます。
鼠径リンパ節は、下半身のリンパが集まる部分です。流れが悪くなって足に溜まっているリンパを鼠径リンパ節に流すことで、リンパがスムーズに循環するようになります。
両方10回ずつ。
お風呂上がりに行うと、より効果的。

アロマ足湯でリラックス

quote
(1) 洗面器やバケツに、42~3℃のお湯を入れます
(くるぶしが浸るくらいまで)。
(2) 両足を入れて、約10分浸かります。
(3) お湯が冷めてしまわないように、やかんやポットに注ぎ足し用の
お湯を準備しておきましょう。
quote
※ お気に入りのアロマオイルを2~3滴垂らせば、リラックス効果がさらに高まります。
※ お湯に浸かりながら、足の指を開いたり閉じたりするのも効果的です。

お風呂でバタ足

quote
ユニットバスで足が伸ばせなければ、足を曲げた状態で膝から下をバタバタさせるだけでも十分効果があります。
お風呂に浸かりながら2、3分やるだけで、むくみ解消に繋がります。

シャワーのかけ方でむくみ解消

quote
・まずは全身に、温水シャワーの水圧を強くして、手、脚、ウェスト、お腹、背中とゆっくりかける。

・脚がむくみやすい人は、お風呂から出る前に、つま先から太ももにかけてと、足裏にもシャワーをあてると効果的。

・足首の引き締めには、温水と冷水を交互に2~3分ずつあてると効果的で、この方法は冷え性改善にもなります。
quote
シャワーの水圧を利用してマッサージするというものですが、
血行を促進するには「心臓から遠い部分から順に」、

そして「下から上へ」かけることがポイント

足むくみ解消に効果あり。胸郭呼吸法

quote
胸郭呼吸は普段なかなか意識できない胸郭を形成する筋肉を意識して使う呼吸法です。

胸を膨らませるように、大きく空気を取りいれるように呼吸します。

息を吸うときは鼻から吸い込み、吐くときは口から吐きます。
quote
胸郭呼吸で息を吸い込んだとき、胸郭が広がります。この時、胸郭の内部は陰圧になり、胸郭運動によって胸腺の働きが活性化されるので、腹部の血液やリンパ液を吸い込みます。胸郭呼吸で息を吐いたとき、今度は腹部が陰圧となり、下半身から血液やリンパ液を吸い上げてくれます。息を吸っても吐いても、血液やリンパ液を吸い上げる効果があるのです。
quote
ちょっとしたコツがあります。それは、息を吸い込むときにお腹が膨らまないように意識することです。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事