あの【クロエ】を生み出した創業者が死去

仏ファッションデザイナー、ブランド「クロエ」のギャビー・アギヨンさんがパリの自宅で亡くなりました。近代的でキュートなデザインで世界中の女性たちを虜にしているファッションブランドの創業者の訃報でした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年10月7日更新

クロエ(Chloé)とは?

quote
1952年創業。プレタポルテ(レディ・トゥ・ウエア=既製服)市場の草分け的存在とされ、本社はパリのペルシエ通り、外国法人はニューヨーク、東京、香港、ドバイに事務所を置く。リシュモングループに属する。
quote
高級生地を使用した既製服「ラグジュアリープレタポルテ」を最初に提案したファッションメゾンと言われている。現在はウィメンズウェア、バッグを中心としたアクセサリーから香水などまでトータルで展開している。
quote
ステラ・マッカートニーからフィービー・フィロへの流れの中で、キュートさに磨きをかけ、一世を風靡した「パディントン」等のキャッチーなバッグや小物を作ることで、昨今では確実なステータスを築いた感のあるクロエである。
quote
クロエは落ち着いた大人の女性に大人気で、10代の若者が好むような派手派手しさはないものの、洗練されたセンスはファッションに上品さを求める30代、40代に高く評価されています。クロエが現在のような世界的な人気ブランドへと発展したのは、1963年に筆頭デザイナーとして就任したカール・ラガーフェルド氏の功績が大きいでしょう。

ギャビー・アギヨンさん

quote
「クロエ(CHLOE)」の創業者ギャビー・アギョンが9月27日、パリの自宅で逝去した。28日の2015年春夏コレクションの開催を目前に控え、93歳でその生涯に幕を閉じた。
quote
1921年にエジプト・アレキサンドリアで誕生したGaby Aghionは1952年に「Chloé」を創業し、初期のコレクションでは自身の幼少期からの影響も取り入れたライトコットンのポプリンドレスなどを発表。
quote
52年に立ち上げたブランドは、「日常的に着られるスタイリッシュなワードローブ」を目指し、革小物にも強い。
quote
85年にはブランドの持ち株式を売却。デザイナー業もすぐに引退し、その後は同ブランドのさらなるビジネス発展や、若手の育成に力を注ぐこととなる。
quote
「Chloé」翌28日、2015年春夏ファッションショーをパリで開催。Gaby Aghionに捧げるコレクションを披露した。

仏最高勲章を授与

quote
アギョンは長年にわたるフランスのファッションと文化への貢献が認められ、昨年12月には仏最高勲章であるレジンドヌール勲章を受章していた。
quote
レジオンドヌール勲章)は、執政政府期にナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスの栄典制度である。現在もフランスの最高勲章として存在する。ordre(オルドル)とは騎士団のことであり、これを基にしたヨーロッパ独特の栄典制度を指す。

クロエさんじゃないの?と思った人は多いのでは?

quote
「クロエ」は創業者の友人の名前から借用されたもので、自分の名前をブランドに用いなかったのは、自分の名前がまるで占い師のようだと考えたため。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事