1枚に絞り込む方がトク!?賢いクレジットカード活用術

いろんな場所で使えるので、持ってると何かと便利なクレジットカードを、もっとおトクに使いこなすにはどうすれば・・。これから、出費がかさむ季節に突入です。スマートな使い方を研究してみましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年10月8日更新

カードでトクする仕組み作り

quote
楽しいレジャーにファッションにと、秋から冬にかけては何かと出費がかさみがち。そんな中、「クレジットカードをもっとおトクに使いこなしたい!」と思っている人は多いはず。使うクレジットカードを1枚に絞り込むと、どんなメリットがあるの?カードを選ぶときの基準は何?
quote
重要なのは、「何枚クレジットカードを持っていたとしても借りられる金額が大きくなることはない」という点だそうです。たとえば自分の与信枠が100万円だった場合、カードを1枚持てば、そのカードの与信枠は100万円になります。ところが4枚持ったとしてもすべてのカードの合計与信枠は100万円のまま。
quote
カードを何枚も使っているとポイントが分散して貯まりにくい上、「100ポイント以上から利用可能」といった 条件をクリアできずポイントを無駄にしてしまう可能性がある。1枚のカードに支払いを集中させることで、より効率的に賢くポイントを貯めることができる。

ポイントがたまりやすくなる

quote
クレジットカードは1枚に決めてしっかりとそればかりを使用してポイントを貯めていくと結構なポイントがたまり現金との交換も可能だったりします。1枚1枚それぞれの特典があってかなりお得で1枚には絞れないときも多々あると思いますが、そこはぐっと気を引き締めて、多くても2枚程度にとどめておきたいものです。

「ステージ制度」で還元率が上がりやすくなる

quote
このステージ制を採用するカード会社の多くでは、年間50万円以上の利用で翌年のポイント還元率をアップさせる仕組みとしており、利用額が100万円以上ならさらにアップ!といった具合に、年間利用額が大きい方ほどメリットを受ける内容となっています。

家計を管理しやすくなる

quote
家計管理のしやすさも、カードを1枚に絞り込むことのメリットだ。「カードを複数枚持っていると、 枚数分だけ明細をチェックしなくてはいけない、カードごとに引き落とし日の口座管理が必要になるといった手間がかかり、 家計管理が複雑になってしまいがち。

お財布の中がスッキリする

quote
ポイントカードに、会員カード、クレジットカードもたくさんあって、お財布がパンパンになっていませんか。クレジットカードを整理するポイントは、まず年会費の有無です。年会費がかかる上に、使用頻度が少ないなんて、もってのほかです。

知らないと損する!?「共通ポイント」

quote
ポイントには様々なメリットがありますが、利用する機会がないものを貯めても仕方ありません。その点、いろいろな場面で使える共通ポイントを活用するというのはおすすめの方法です。現在のところ、共通ポイントといえば、このTポイントとPontaが主なポイント制度となっています。

選び方のポイントは?

quote
クレジットカードで本当に得をするには、利用するクレジットカードの「還元率」と「年会費」、そして「ポイントの有効期限」に注意しておく必要がある。まずは自分が徹底的にクレジットカードを活用した場合の「年間クレジットカード利用額」を把握すること。
quote
車でよく出かける人なら、ガソリンを入れるときに使えて、さらに割引があるクレジットカードなら、お得になりますよね。このように、自分がクレジットカードを使えたら便利、もしくは使う機会が多くなりそうなお店やサービスを考えてみましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事