眉の描き方でマイナス5歳!?プロも使う簡単テクとは

ものまねメイクで有名なざわちんさんも「メイクの印象で一番大切なのは眉毛」と言っているように、眉は顔の印象を決める重要なパーツ。自分の年齢・骨格に合った眉の描き方で、お金をかけずに「マイナス5歳」を目指しましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年9月28日更新

眉は、顔の印象の約8割を決める重要なパーツ

quote
眉は、顔の印象の約8割を決めるとも言われ、その人の見た目を左右する重要なパーツです。
quote
実は最も「若見せ効果」の高いメイクパーツが眉。間違った眉の形を変えるだけで、たいていの人は5歳くらい簡単に若返って見えてしまうものです。

大切なのは自分に合った眉を理解すること

いくらトレンドの眉だと思っていても、自分に合っていないと逆に老けて見えることも

トレンドも大事だけど…

もっと大事なのは年齢や骨格に影響される”自分の顔の造り”を理解すること。

quote
太さ、濃さ、長さをトレンドに合せがちですが、一番大切なことは、自分の骨格や輪郭、顔立ちの美しさを最も活かす眉に仕上げること。
quote
〇顔が小さい方
眉毛を細目にした方がいいようです。

〇顔が大きい方・両目の間隔の広い方
両眉の間を少しせまくした方がいいようです。

〇やせている方・両目の間隔が狭い方・面長な方
両眉の間を少し広くして、眉頭から眉山までの角度をあまりつけないようにして、
少し長めに描くなどした方がいいようです。

〇スポーティーな方   
少し太めにした方がいいようです。

〇目が小さくて窪んでる方
眉毛の形をしっかり描くことで目が強調されていいようです。
quote
30代、40代になっても、20代の頃と同じように眉を整えたり、描いたりしては、老け顔の原因に。年齢に合わせた眉のお手入れをすることで、若々しい印象を与えることができます。

老けて見える眉って?

quote
眉にアーチがあると、大げさで年を重ねたように見えてしまいます
quote
眉自体に現れる老化現象の代表として挙げられるのが、“眉尻が下がる”こと。

どちらが若く見えますか?

左が若く見えるメイク、右が老け顔メイク。
右は、眉尻が眉頭より下がっているので、困った顔や老けた印象になってしまっています。

若眉をつくるための色や形

quote
髪の色より明るくすること、そして柔らかくふんわりした眉にするのもポイント
おすすめの明るさは、髪の色よりワントーン明るい色だそう。
quote
ここ最近ずっと人気のアーチなしの太眉は、若く見える効果もあるようです

一番のポイントは眉山と眉頭の位置

quote
眉全体のバランスは、眉頭、眉山、眉尻の3点で決まるため、下がってしまった眉尻の位置を上げることが重要

眉毛のパーツ

眉は大きく分けて、眉頭、眉山、眉尻の3つに分かれます。
(1)眉頭……鼻筋と目頭の間がスタート地点

(2)眉山……黒目の外側から、目尻の間

(3)眉尻……小鼻と目尻の延長線上内

眉毛を描く際には、左の写真のように、ぜひ眉尻を眉頭よりもあげて、目じりの延長線以内に収めると若く見える眉毛になります!

quote
眉山……基本バランスの範囲内で、出来るだけ内側にとると若々しい印象になります。黒目の外側の縁から垂直にのばしたライン上に取るのが良いでしょう。
quote
眉頭……基本バランスの範囲内で、普段より微妙に下に下げてみてください。ほんの少し眉頭側を下げて描くことで若さが演出できます。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事