これぞ、次世代!中身をしらべてくれるタンブラーが登場!

ダイエット中のあなたの意外な障害は毎日の飲物に含まれるカロリーだったりするかもしれません。「Vessyl」は飲物を注ぐだけでカロリー等を測ってくれる優れもののタンブラー。その魅力をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年9月25日更新

スマートカップ「Vessyl」

一見するとシンプルで美しいフォルムのタンブラー「Vessyl」。
ですが、その機能は今までに無かった製品としての魅力が詰まっています。
quote
Vessylはただのコップではない。人が何を、どれだけ飲んだのか記録してくれるのはもちろんのことだが、驚くべきはその敏感なセンサーである。コップに液体が注がれた瞬間に解析がはじまり、もっとも大切な構成要素をすぐに感知・整理してくれる。
quote
Vessylには特殊な電子センサーが内蔵されており、ドリンクを解析することでカフェインや砂糖、タンパク質や脂肪、カロリーといった、ドリンクの含有成分やエネルギーを表示してくれます。
quote
「Vessyl」は成分の解析だけではなく製品名や味の違いなども割り出せるため、薄いコーヒーと濃いコーヒーの違いや、コカコーラやペプシコーラの違いも表示されるという。
すごいですね!!
正直普通の人にとってコーヒーの濃度やペプシとコーラの違いは、よほど注意するか言われなければ気づきません。

その他の機能

quote
Vessylにはカロリーの測定のほかに、Prymeと呼ばれるユニークな機能がある。これはユーザの一日の水分摂取量(補水量)とエネルギーレベルを測る。コップの側面のLEDが、水の摂取量が足りないとか、ちょっと冷たいものを飲んでもよい、などと教えてくれる。

Bluetoothでスマートフォンに接続も!

quote
Bluetooth経由でスマートフォンに接続してユーザーの飲料習慣を記録・分析することも可能。また単体でユーザーの水分補給状況をモニタリングすることもできる。充電は非接触式で、1時間の充電で約1週間利用できるという。
quote
iOS または Android アプリと連動し、「ダイエット」「カフェイン制限」「筋肉増強」「快適な睡眠」など、自分の目的にあった成分のトラッキングを行うこともできる。

イノベーションへの期待大

quote
分子レベルの解析を行うには、従来とても大きな設備が必要であったが、それが小型化されたことによって大きなイノベーションが起こる業界はいくつか出てきそうだ。
quote
VessylのデザインにはYves Beharも関わった。彼のことは、聞いたことがあるだろう。Jawbone UpやJamBoxのデザインにも加わり、現代を代表するデザイナーの一人だ。
quote
iPadやiPodを手がけた元Appleの社員が数名在籍しています。
このようにデザイン業界やテック業界で実績のある人が多数参画していることが今回Vessylに大きな期待が寄せられている理由の一つです。
quote
Vessylを作っている会社Mark Oneの今後のプランは、コップだけでなく、お皿、お椀、ワイングラスなどなど、食器一式をすべて電脳化することだ。
業界からも期待されている「Vessyl」は決して話題づくりのキワモノ商品ではなく、新技術による新しいライフスタイルの可能性を秘めた製品であることが伺えます。
quote
公式サイトで先行予約を受け付けており発売時期は2015年の初頭となっています。Vessylの価格は99ドル(約1万円)で日本への発送には別途18ドル(約1800円)必要です。
発売はこれから、期待が高まります!!
↓公式サイトはこちら※英語サイト
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事