一重でも二重でも出来るデカ目メイクテクニックでオシャレに!

すぐにマネ出来るデカ目アイメイクのコツをご紹介。アイラインの引き方から、アイシャドウの使い方まで、色んなメイクを楽しんでくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.29 作成:2014.9.21

目次
  1. アイメイクのポイント
  2. 目力が10倍UPのデカ目メイク!
  3. 立体アイメイクでくっきりデカ目に!
  4. 一瞬で作れる、ナチュラルでか目!
  5. ドーリーなお人形さん風デカ目!
  6. 今すぐ実践アドバイス

アイメイクのポイント

アイメイクの悩みは色々

アイメイクが上手く出来ないといったテクニックの問題以外でも、一重だったり奥二重だったりと目元のコンプレックスなど。お悩みも人それぞれ。

しかし、コンプレックスもメイク1つで上手く解消できたり、逆に活かす事だって出来ますよ♡

一重まぶたを活かす

例えば、腫れぼったくみえちゃう!と、お悩みの多い「一重まぶた」の方は、わざわざアイプチなので二重にしなくても「クール系や美人系」のアイメイクが簡単にできるので一重をそのまま活かすのもおすすめ!

どうしても「可愛さ」が強調されてしまう二重まぶたには無い魅力を出す事ができますよ♡

奥二重さんはアイライナーがポイント!

奥二重の方がアイメイクをする際の悩みで多いのが、引く時のバランスが難しい。綺麗にならない!といったアイライナー!

アイラインは目の印象を大きく左右するので、強調しすぎない。というのもポイント。ブラウン系を選ぶと、優しく自然な印象に仕上がるので、奥二重さんにオススメですよ♡

目力が10倍UPのデカ目メイク!

まつ毛隙間を丁寧に埋める

デカ目の「クッキリ感」を出すには、アイライナーの描き方ひとつでガラリと印象が変化します。

まつ毛の根本部分の隙間を点で埋めるように丁寧に塗りながらラインをつくっていきましょう。

コツは、鏡を覗き込むような角度で設置し、まぶたを少し上に引っ張りながら描くこと!初心者さんにはペンシルアイライナーの方がオススメ◎

白のアイライナーは下瞼の粘膜に!

黒や茶のアイライナーは引き締めに。そして柔らかい白のアイライナーは白目を大きく見せる事が可能です!

下まぶたの粘膜部分を塗りつぶすように白のアイライナーを入れ、仕上げに下マツゲの際から若干外側部分に濃いめのライナーを少しいれるとOK!

ほんの一手間で「白目の範囲が増える」のでデカ目効果がありますよ♡

ホワイトアイラインとして楽しむのもアリ!

白いアイライナーが余る!といった時は、このようにホワイトのアイラインとして活用してみるのもアリ♡

白い羽がプラスされた感じで可愛い演出もできます◎

立体アイメイクでくっきりデカ目に!

アイシャドウベースを使って発色を良くする!

デカ目づくりでは明るめのアイシャドウを使うことがほとんどなので、アイシャドウを塗る前には「アイシャドウベース」を活用して発色をUPしましょう!

ベースに使用するのは、ラメやパール入りで明るめがおすすめ◎色は、肌が青みががっている場合には「ピンク系」イエロー~茶色よりなら「ゴールド系」を選ぶと良いでしょう。

中間色はチップでしっかりと塗る

より綺麗に仕上げるポイントは、アイシャドウの塗り方!

中間色を塗る時にアイシャドウをチップに取り、チップを左右ジグザグに動かしてしっかりとのせると綺麗に色がのっていきます。方向は目のキワから上に向かって塗り進めていくとOK◎

また、仕上げに明るめのアイシャドウを目の中央にのせると更に立体感を出すことができます!

一瞬で作れる、ナチュラルでか目!

アイラインは黒目の上下だけでOK

簡単&ナチュラルにデカ目を作りたい時は、目の中央。ちょうど黒目の上下の部分だけにリキッドアイライナーを引きくだけでOK!

リキッドを使う時は、まつ毛の隙間を埋める感じでチョンチョンとつけいきましょう。ペンシルを使う時は左右に細かく動かすと埋めやすいですよ◎

マスカラはポイントで2度塗り

黒目を強調したデカ目づくりは「マスカラ」でも可能です!

まずは、いつも通りに、中央→目頭→目尻の順に塗ります。更に、黒目の上の部分だけを2度塗りすれば、中央だけが濃くなつので、更にパッチリとした黒目が強調できますよ♡

ドーリーなお人形さん風デカ目!

シャドウの色をしっかり見せる

二重の方はこのようにアイシャドウの色がくっきりと見えやすいのですが、一重や奥二重の場合はこの二重部分の幅が足りずに色が見えない場合も。

そんな時は、目を開いた状態でも数ミリほど色が見える位置まで塗るとカバーできます!更に、目頭と目尻に濃いめのアイシャドウを足せばよりパッチリ感が出ますよ◎

アイライナーは黒目から目尻にかけて強調

アイライナーの効果をしっかりと得るためには全てを細く引くのではなく、黒目~目端に向けての部分を「太めに」引くと程よく強調されデカ目効果がプラスされます。

更に、このように目尻からオーバーさせて引くとより効果的です◎

つけまつ毛で手軽にデカ目

思いっきりドーリーなデカ目を楽しみたい時には、「下まつ毛用のつけまつ毛」を足すだけでも効果抜群です!

毎回マスカラでボリュームや長さを調整するのもちょっと大変という時は、上下ともつけまつ毛で仕上げるとよりスピーディーにデカ目をつくれますね◎

今すぐ実践アドバイス

ゴールド×ブラウン系でまとめる

デカ目メイクで一番使いやすいのはやはりゴールドやブラウン系!

ニュアンスをプラスするためにベースは「シャンパンピンク」をオン。そしてアイホール全体にゴールド。二重ラインにオレンジゴールドをのせます。更に、ラメの入ったブラウンをくの字になるように目尻に塗って、その外側に1番濃いブラウンを入れて深みを足せば完成です!

↓詳しいやり方はこちら

アイラインの幅とマスカラの注意点は?

アイラインやマスカラは二重幅を埋もれさせないためにやり過ぎ注意!

ラインは太くなりすぎないように。マスカラはボリュームアップマスカラで束感をつくりすぎたり、ブラックなど濃すぎるアイシャドウも避けて選びましょう!

アイシャドウは1色でグラデーションがつくれる

アイシャドウは1色だけでもグラデーションが可能!

肌に一番馴染む色を1色選びましょう。質感は、ラメよりパール・マットタイプの方が馴染みやすいですよ◎

そして、アイシャドウを指に乗せて直接目の1番高い位置にのせます。そのまま瞼中央→目頭→目尻と一気にジグザク伸ばします。仕上げに眉毛の下あたりをぼかせば完成です♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事