7351 VIEW

海はなぜ”ショッパイ”水なの?答えになりそうなもの、まとめてみた

一見、単純に思える疑問ほど、探ってみると奥が深くて、おもしろい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年9月15日更新

しっくりくる答えがこの中にあればいいのですが。

quote
最初の海は、塩酸が含まれた酸性の海水だったのですが、徐々に岩石に含まれるナトリウムと反応して中和され、現在のような海ができました。つまり塩素を含んだ水にナトリウムが溶け、塩化ナトリウム(つまり塩)の水ができたのです。
quote
ふつうの海水は、1リットルあたり32~38gのいろいろな物質がとけこんでいて、その80%が、食塩のもとになるナトリウムイオンと塩素イオンです。この2つの物質は水の中で化学反応や生物などの影響でなくなることがありませんから、海水はいつまでも塩からいのです。
quote
海水は塩化ナトリウム(NaCl:いわゆる塩)を主成分とする塩分が含まれている。塩化ナトリウム以外にも各種のイオンが溶解しているが、海水中の総塩分濃度は周辺の影響によって異なる。例えば大河の河口近くや氷河が海に流れ込んでいる場所では塩分濃度(イオンの総量)は低く、逆に蒸発が盛んな海域では塩分濃度が高くなる。
quote
人間はしょっぱい味が分かるようにできてるから。ちょっとヘンな答えだけど、これだって答えのひとつだろ。舌には味を感じる細胞があって、水にとけた塩がくると電気信号を脳に送るようにできている
quote
。始原の海は塩酸の海でしたが、長い間に海中の岩石の中の鉄やカルシウムなどを溶かし込み、だんだんと海の水は、酸性から中性に変わって「塩化物」ができ、塩辛くなったのです。
quote
海水を煮詰めると多いイオン、すなわちNa+とCl-が結びついて食塩(NaCl)が一番多く析出する。だが、食塩そのものが海水に溶け込んだわけではない。海水は溶け込んでいる塩分のためにpH8程度の弱いアルカリ性になっている。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事